ショウジョウバカマ(猩々袴) Heloniopsis orientalis

ショウジョウバカマの花
写真 ショウジョウバカマ
撮影時期 2016.3.19
撮影場所 鉢植え
科名・属名

シュロソウ科
ショウジョウバカマ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

北海道〜九州

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【ショウジョウバカマについて】

ショウジョウバカマの名前の由来は、花が赤いのを猩々に、また、葉の重なりが袴に似ていることから名付けられたといわれています。開花時は淡い色ですが花が終わる頃に赤っぽくなります。

北海道〜九州の、やや湿った場所に生えていますが、花が美しいところからよく栽培されています。

【花の特徴と性質】

草丈

葉はロゼット状に広がり、その中から10〜20pほどの花茎が伸びてきます。

花は花茎の先に10輪ほどの花が固まって咲きます。花色は紅紫色ですが濃淡があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いです。耐暑性はやや苦手のようです。

学名の説明

Heloniopsis・・・・・helonias(ヘロニアス属)+opsis(に似た)

orientalis・・・・・「東方の」、「東の」

【主な種類と品種】

ショウジョウバカマの仲間にシロバナショウジョウバカマとツクシショウジョウバカマがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春と秋のいずれでもかまいません。庭植えもできますが、小型の宿根草ですので鉢植えにも適しています。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、軽石砂を等量に混ぜた用土など水はけのよい用土に植え付けます。使用する鉢は、4号鉢に1株が目安です。

ショウジョウバカマの花

植え場所・置き場所

鉢植えは、晩秋から開花までは午前中に日の当たるところに、また、花後は、明るい日陰に置きます。こうした栽培環境が確保できないときは遮光ネットなどを利用します。

庭植えの場合は落葉樹の下が適しています。

植え替え

鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えます。時期は花後の5〜6月、もしくは9月下旬〜10月ごろが適期です。また、庭植えは、3〜5年して株が混みあってきたら株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

乾燥を嫌いますので、鉢植えの場合は水切れに注意します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりを忘れないようにします。

ふやし方

花後に実るタネを採り播きします。また、植え替えの時に株分けで増やすことができます。

肥料

植え付け時には緩効性の肥料を、また、花後と秋に置肥をします。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。