シルバープリペット Ligustrum sinense 'Variegatum'

シルバープリペットの花
写真 シルバープリペット
撮影時期 2012.5.21
栽培状況 庭植え
科名・属名

モクセイ科
イボタノキ属

園芸分類

常緑低木

別名

(特にありません)

原産地

中国原産

用途

庭植え

花期

5月

【シルバープリペットについて】

シルバープリペットは、中国原産のモクセイ科の常緑低木です。白覆輪の葉が美しいので、単独で植えたり、萌芽力が強いので垣根としても利用されています。

また、5月に咲く花も咲きそろうと、なかなか魅力があります。

栽培したところでは、樹勢が強く枝がどんどんと伸びますので、思いのほか場所をとります。そこで、当然のことながら剪定ということになりますが、かなり強剪定をしても、すぐに元の大きさになってしまいます。

困ることは、白覆輪の葉がいつの間にか普通の葉になってしまうことです。写真の株も、ほとんど覆輪が消えてしまいました。それでも花がきれいなので残しています。

【花の特徴と性質】

樹高

2mほどにはなります。また、かなり枝を広げますので、庭の状況によっては強剪定が必要になります。

穂状の白い花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫ですが、寒さがきついと葉を落とします。

学名の説明

Ligustrum・・・・・イボタノキの古名に由来します。

sinense・・・・・「中国の」

Variegatum・・・・・「斑入りの」

【主な種類と品種】

斑入りの品種が出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

3月下旬〜4月と9月が植え付けの適期です。樹勢が強いので、鉢植えには向いていません。

花壇に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

シルバープリペットの花

植え場所

日当たりのよいところに植え付けます。

剪定

夏には花芽ができてきますので、通常の剪定は、花後すぐに行います。

萌芽力があり、枝の伸びも旺盛なので、全体をかなり思い切って切り詰めないと広いスペースをとってしまいます。

秋以降に強剪定をすると、せっかくできた花芽を切り取ることになります。

9月〜10月の剪定は補助的に行います。伸びすぎた枝を切り詰める程度にします。

生け垣として植えている場合で、花をあまり期待していない場合は、秋以降に強剪定をしても差し支えありません。

本来、斑入りであるシルバープリペットは、剪定に気をつけないと、斑がなくなってただのプリペットになってしまうことがあります。

肥料

幼木のうちは寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を与えます。木がある程度大きくなってきたら、肥料を与えなくてもよく咲いてくれます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。