トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

宿根ラナンキュラス Ranunculus repens

宿根ラナンキュラスの花
写真 宿根ラナンキュラス ‘レクタ’
撮影時期 2005.4.17
栽培状況 庭植え
科名・属名

キンポウゲ科
ラナンキュラス属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

ヨーロッパ〜中近東

用途

庭植え

花期

4〜5月

【宿根ラナンキュラスについて】

ラナンキュラスといえば、だれでも秋植え球根とおもいますが、宿根性のラナンキュラスも栽培されています。

ところで、宿根ラナンキュラスという特定の種類があるわけではなく、よく栽培されているのは、レペンスタ種(R. repens)の‘ゴールドコイン’などです。

写真のレクタは、以前に「サカタのタネ」から出ていた種類で、テカテカした花弁がユニークです。ちょっと暑さに弱そうな印象でしたが、夏を越して、また、元気に葉を出したくさん花が咲きました。

【花の特徴と性質】

宿根ラナンキュラスの花

草丈

20〜30pほどになります。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

問題は耐暑性ですが、午後日陰になるところに植えてあったところ、花後まもなく葉が枯れたので株もダメになったかと思いましたが、買った3株とも11月になって大きな葉が出てきました。

高知でこの状況ですので、暑さはそれほど問題はないようです。

学名の説明

Ranunculus・・・・・rana(蛙)の縮小形
※ 美しい花にしてはへんてこな属名ですが、この属の多くが湿地に自生することに由来します。

repens・・・・・「ほふく性の」

【主な種類と品種】

‘ゴールドコイン’
R. repens cv. Gold Coin

草丈は20〜30pで、花径2cmほどの黄色の八重咲きの花が咲きます。花後にランナーを出し、這うように広がります。(写真下)

レクタ
(※ 種小名は未確認)

黄色の一重咲で花径3〜4pのメタリックな黄色の花が咲きます。暑さ、寒さに強く関東以西の暖地でも宿根します。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

カタログでは春号に載っていましたが、耐寒性が強いの秋でも差し支えないと思います。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

宿根ラナンキュラスの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥を7対3程度に混ぜた用土を使います。

株間

30cmほどにします。60pのプランターの場合、2〜3株程度が目安です。

植え場所・置き場所

耐暑性があまり強くないので、寒冷地以外は半日陰がよいと思われます。耐陰性があり、半日陰でも花はよく咲きます。

鉢やプランターも夏場は半日陰に置きます。レクタは、夏が近づくと葉が枯れて休眠期に入りますので、日陰の涼しいところに置きます。

日常の管理

夏場に乾燥しすぎるとよくありませんので、鉢やプランターに植えている場合は、水切れに注意します。

肥料

多肥にする必要はありません。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。