ジンジャーリリー Hedychium spp.

ジンジャーリリーの花
写真 '金閣'
撮影時期 2015.9.2
栽培状況 庭植え
科名・属名

ショウガ科
ヘディキウム属

園芸分類

春植え球根

別名

ジンジャー
ハナシュクシャ

原産地

ヒマラヤ〜東南アジア

用途

庭植え

花期

7〜10月

【ジンジャーリリーについて】

ジンジャーリリーは、単にジンジャーとも言います。春植え球根で、花の少ない夏に花が咲きます。最近の種苗会社のカタログにはあまり出ていないのが残念です。

現在、流通している品種は、コロナリウム(H. coronarium)やガルドネリアヌム(H. gardnerianum)などの種間交雑によって作り出されたものです。

栽培したところでは、霜除けをしなくても冬を越していますが、分球しても増やして植える場所がないので、植え替えせずにそのままにしていたら、‘金閣'゜などは茎が2mを超えるほどになってしまいました。

【花の特徴と性質】

ジンジャーリリーの花

草丈

園芸種の多くは1m〜2mほどです。

大きな花茎を伸ばして、その咲きにたくさんの花が咲きます。花は8pを越える大輪から1〜2pの小輪まであります。

また、花色も、白、黄、朱紅、赤橙など多彩です。

花はとてもよい香りをもっています。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は問題ありません。耐寒性も比較的強く、暖地では庭植えが可能です。

学名の説明

Hedychium・・・・・ギリシャ語の hedy(甘い、佳味の)+ chion(雪)が語源です。

coronarium・・・・・「王冠、花輪」

【主な種類と品種】

たくさんの品種がありますが、できるだけ花が一斉に咲く品種を選ぶとよいと思います。

‘金閣’

草丈は、1.5mほどの黄色底紅の花で小輪です。

‘真珠’

淡桃色の中輪で、草丈は1mほどです。

‘暁’

淡鮭桃色の中輪で、草丈は1.5mほどです。(写真:中)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般的には、暖かくなった4〜5月に植えつけます。株が大きくなるので、鉢植えにはあまり向いていません。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植える深さは10cmほどにします。

植え場所

ジンジャーリリーの花

日当たりがよく、肥沃で保水性のあるところを好みます。

夏は、午後から日陰になるようなところが最適です。もっとも、午後も日当たりのよいところに植えても、それほどの影響はありません。

株間

2株以上植えるときは、40〜50pほどの間隔にします。

植え替え

花壇に植えていると、だんだんと株が増えてきますので、4〜5年したら4〜5月に掘り上げて分球し、すぐに植え替えます。

分球して植えつけるにしても、全部植えることはスペースの関係上難しいので、かなりの球根を捨てざるを得ません。

日常の管理

花壇で植え替えせずに育てていると、草丈が伸びてきて2m近くなります。そこで、茎が倒れそうなときは支柱をします。

花が終わったら、花穂を早めに切り取っておきます。

冬の管理

冬が来ると地上部は枯れますので、地際から切り取っておきます。暖地の場合は、特に霜除けをしなくても大丈夫ですが、不安な場合はマルチをするなど霜除けをしておきます。

ふやし方

植え替えのときに、分球して増やすことができます。

肥料

植えつけ、植え替え時に緩効性肥料を施します。後は、6月〜10月ごろまで追肥として、化成肥料を月1回程度施します。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。