宿根フロックス Phlox paniculata

宿根フロックスの花
写真 フロックス・パニキュラータ 'ミスペッパー'
撮影時期 2008.7.21
栽培状況 庭植え
科名・属名

ハナシノブ科
フロックス属
(クサキョウチクトウ属)

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

オイランソウ

原産地

北アメリカ

用途

庭植え

花期

6月〜9月

【宿根フロックスについて】

宿根性のフロックスには何種類かありますが、その中で、クサキョウチクトウあるいはオイランソウとよばれるフロックス・パニキュラータが一般に「宿根フロックス」として扱われています。数の上からも、単に宿根フロックスと言えば、フロックス・パニキュラータ(Phlox paniculata)のことと言っても過言ではないと思います。

ただし、数は少ないですが、たまに、フロックス・マキュラータ(Phlox muculata)の品種を見かけることがありますが、これも宿根フロックスと呼ばれています。

その他の宿根性のフロックスの中では、這性のツルハナシノブフロックス・ピロサなどが栽培されています。

宿根フロックスは、宿根草の中でも夏場に美しい花を長期間咲かせてくれることから昔からよく栽培されてきました。育てやすく、まとめて植えると一段と美しいですし、花後に切り戻せば、もう一度咲いてくれることも魅力ではないでしょうか。

栽培したところでは、全体としては、暖地でも夏を越せる品種が大半ですが、暑さに多少弱く、夏に多少枯れこむ品種もあります。もっとも、上の写真のように、品種によっては暑さに非常に強く、大きな株になって毎年すばらしい花を咲かせますものもあります。

ただし、ウドンコ病が発生しやすいので、この点だけは気を付ける必要があります。

【花の特徴と性質】

宿根フロックスの花

草丈

草丈は60〜1m程度になります。

花の色は、白、ピンク、赤、赤紫、覆輪、2色花などいろいろあり、ピラミッド状に花を咲かせます。

最近は、草丈の低い優れた色の品種が出回ってきています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く、つくりやすい宿根草です。

どちらかといえば、やや涼しいところを好みます。もっとも、暑さに強い品種を選べば、1日中、日の当たるところに植えても問題なく美しい花を咲かせ、夏に枯れ込むということはありません。

学名の説明

Phlox・・・・・ギリシャ語の phlogos(炎)が語源です。

paniculata・・・・・「円錐形の」

muculata・・・・・「斑点のある」、「しみのある」

【主な種類と品種】

バニキュラータ
P. paniculata

通常、宿根フロックスといえば、この種類がほとんどです。直立性で、長い茎の先に丸い花をピラミット状に多数つけますので、艶やかで豪華な花が長く楽しめます。たくさんの品種が販売されています。

マキュラータ
P. muculata

草丈が高く、草姿はやや野性的です。最近は鉢物や花壇苗の矮性のものも出回るようになりました。また、パニキュラータとの交配種も生まれています。

開花期は、パニキュラータと比べてやや早いようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春、秋どちらでも可能ですが、園芸店などでは春に苗が出ていることが多いようです。

草丈が高くなるので、できれば、花壇に群植したいところですが、プランターでも十分に花を楽しめます。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

宿根フロックスの花

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

30pほどの株間を取って植え込みます。

あまり詰めて植えすぎると、風通しが悪くなって、ウドンコ病が発生しやすくなりますので注意します。

植え替え

2〜3年で株が混みあってきますので、株分けし、植え替えます。秋でも、春でも可能ですが、暖地では秋の方がよいようです。

プランターなどに植えた場合は、1〜2年に1回、植え替えをします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよい場所に植えつけます。暖地の場合は、西日の当たるようなところは避けたほうが無難です。

日常の管理

鉢やプランターに植えている場合は、過湿にならないようにします。

春先に10〜15pぐらいのところで一度摘芯をしてやると、にぎやかに咲かせることができます。また、花後、切り戻しておけば、もう一度花を楽しむこともできます。

冬の管理

冬は地上部が枯れてしまいますので、冬が来る前に地際から切り戻しておきます。

耐寒性が強く、戸外で冬を越します。

宿根フロックスの花

ふやし方

株分けのほか、挿し芽もごく簡単ですので、早く増やしたいときや大事な株を残したいときは、この方法で増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、春先に緩効性の化成肥料を与えます。

鉢やプランターに植えた場合は、植え付け時のほか、4〜6月と9〜10月に1か月1回程度緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

ウドンコ病が発生しやすいですので、被害が出たときは早めに薬剤を散布します。それ以外は特に心配するほどの病害虫はありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。