シュウメイギク(秋明菊)Anemone hupehensis var. japonica

シュウメイギクの花
写真 シュウメイギク
撮影時期 2006.9.30
栽培状況 庭植え
科名・属名

キンポウゲ科
イチリンソウ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

キブネギク(貴船菊)

原産地

中国、台湾、日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

9〜10月

【シュウメイギクについて】

シュウメイギクは、秋に咲くためか、何となく落ち着いた感じのする花です。キクという名前が付いていますが、キク科の花ではなく、キンポウゲ科の宿根草です。日本に自生したもののように思いますが、中国から渡来したものです。

別名をキブネギク(貴船菊)というのは、京都の貴船山にたくさん見られることから、この名前がついたと言われています

栽培したところでは、丈夫で半日陰地でもよく育つし、花の少ない時期に咲くので利用価値が高い宿根草です。半日陰か午後日陰になるところに何株か植えていますが、いずれも問題なく育っています。

【花の特徴と性質】

シュウメイギクの花

草丈

50〜80pほどになります。

花径は5〜6pほどで、花色は、白、ピンク、桃紅色などがあります。また、一重の他八重咲きの品種もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強く、育てやすい宿根草です。

学名の説明

Anemone・・・・・ギリシャ語の anemos(風)に由来します。

hupehensis・・・・・(中国の)「湖北省の」
※ hupeh は「湖の北」という意味で、湖北省の場合は、洞庭湖を指します

japonica・・・・・「日本の」

【主な種類と品種】

ダイアナ

花弁ごとに色の濃淡が出る美しい一重の品種で、草丈は60〜80pです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常は、株分けしたものを3〜4月ごろに植えつけます。苗が手に入れば秋でも植えつけできます。

園芸店などでは、8月ごろから蕾のついた株も販売していますので、これを花壇に植え付けるか鉢やプランターで育てます。種苗会社のカタログなどを通じて購入することができます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥と化成肥料を少し入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を等量に混ぜたものなどを使います。

シュウメイギクの花

植え場所・置き場所

花壇に植えるときは、半日陰のやや湿ったところを選びます。とはいえ、水はけが悪いと根腐れを起こしやすいので、こうした場所はよくありません。また、午後に日が当たるところは避けるようにします。

鉢やプランターに植えた場合も、半日陰のところ置いて育てます。

株間

30〜40pと広く取ります。

植え替え

花壇に植えた場合は、数年は植えっぱなしにできます。株が混みあって来たら、3〜4月ごろに株分けを兼ねて植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合は、根詰まりにならないよう、毎年、同じ時期に植え替えます。

日常の管理

本葉が5〜6枚の頃に摘芯をすると花数が増えます。

乾燥を嫌いますので、鉢植えの場合は水切れを起こさないように注意します。露地植えの場合も、乾燥が続くときは、夕方、たっぷりと水を与えます。

冬の管理

冬には地上部が枯れますので、冬が来たら地際から切り取っておきます。

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えた場合は、水やりは少なくします。

肥料

花壇に植えた場合は、3月と9月ごろに株の周りに化成肥料を施します。

鉢やプランターに植えた場合は、3〜5月と9〜10月に緩効性の化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

水はけが悪いと、根腐れを起こすことがあります。また、アブラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。