トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

ミニジャーマンアイリス Iris germania

ミニジャーマンアイリスの花
写真 サラサーテ
撮影時期 2014.4.11
栽培状況 鉢植え
科名・属名

アヤメ科
アイリス属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ドイツアヤメ

原産地

地中海沿岸

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ミニジャーマンアイリスについて】

ミニジャーマンアイリスは、ジャーマンアイリスの中でも特に草丈の低い品種群を指します。花はやや小さいですが、花径10cmほどで、花色も多彩ですので一般のジャーマンアイリスと比較しても観賞価値が劣るわけではありません。

何よりも草丈が15〜20cmほどですので鉢植えにはぴったりです。

栽培したところでは、基本的には、一般のジャーマンアイリスと同様の管理でよく育ちます。

【花の特徴と性質】

草丈

15〜20cm程度です。

花色が非常に多彩で、一般のジャーマンアイリスと遜色ないように思います。

耐寒性・耐暑性

どちらかといえば、夏の涼しいところの方が栽培は楽ですが、耐暑性があり暖地でも十分に夏を越すことができます。

学名の説明

Iris・・・・・・ギリシャ語の iris(虹)が語源です。

germania・・・・・「ドイツの」

【主な種類と品種】

種苗会社のカタログには、毎年たくさんの品種が出ていますので、好みの色彩の品種が選べます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般には、秋に販売されていますので、秋に植えつけます。植え付けに際しては、浅植えにするのは一般のジャーマンアイリスと同様です。植えつける用土には、堆肥や腐葉土は少なめにします。

乾燥するアルカリ性土壌の地方を原産地とするので、苦土石灰を入れて中和する必要があります。

ミニジャーマンアイリスの花

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、腐葉土を2:2:1程度に混ぜて、苦土石灰を少し入れた用土などを使います。

植え場所・置き場所

日当たり排水のよいところを好むますが、夏は半日陰のところ、もしくは、午後には日陰になるようなところに移します。

株間

5〜6号鉢に1球が目安です。

日常の管理

乾燥にはたいへん強いですが、多湿を嫌いますので、常に乾燥気味に管理することが重要です。

鉢植えの場合、2〜3年に一回は植え替えます。植え替えは9月下旬から10月中に株分けを兼ねて行います。

ふやし方

株分けで増やすことができます。

肥料

鉢やプランターの場合は、3月頃に緩効性の化成肥料を少量与える程度にし、多肥は避けるようにします。

病気・害虫

軟腐病にかかったときは、患部を切り捨て、切り口に殺菌剤を塗って植え替えます。

アブラムシは、モザイク病を媒介するので、見つけ次第すぐに駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。