シクラメン Cyclamen persicum

シクラメンの花
写真 シクラメン
撮影時期 2008.12.28
栽培状況 開花株購入
科名・属名

サクラソウ科
シクラメン属

園芸分類

秋植え球根

別名

カガリビバナ

原産地

地中海のクレタ島、ロードス島、トルコ、シリ ア、レバノン

用途

鉢植え

花期

10〜4月

【シクラメンについて】

年末が近づいてくると、園芸店に色とりどりのシクラメンが並び、いつもながら圧倒されます。

冬の鉢花の中で最も人気のある花で、人気が衰えることがありません。花がたいへん豪華で、また、花期が長いことがその理由だと思います。

【花の特徴と性質】

シクラメンの花

草丈

一般的には15〜20pぐらいですが、最近、矮性で小型のシクラメンもよく見かけるようになりました。

花色は、紅、白、ピンク、赤紫などがあります。また、複色花(写真上)も多くで回るようになってきています。

耐寒性・耐暑性

夜間凍らない程度の温度管理で越冬可能ですが、耐暑性が弱く暖地の場合、夏を乗り切るのは困難です。

【主な種類と品種】

たくさんの品種がありますので、園芸店で好みの色合いのものを購入できます。

【育て方と栽培のポイント】

シクラメンの花

植え付け

購入する場合は、葉がなるべく多く、株が締まって、蕾が多く見られる株を購入します。開花株を購入するわけですが、植え替えは夏を乗り切っ手からになります。

置き場所

室内の日当たりのよいところにおけば、問題なく咲き続けます。夜間の暖房は必要なく、むしろ加温すると花にはよくありません。

日常の管理

シクラメンは、乾燥気味に育てた方が病気の発生も少なく、株もしまります。ただし、乾燥しすぎると花茎か倒れてしまいますので注意します。

 長く楽しむには、早めに花がらを摘み取り、株を弱らせないようにすることが大切です。

購入した株を翌年も同様に美しく咲かせることは、一般にはかなり難しく、特に暖地では、最初からあきらめた方がよいのかもしれません。

植え替え

夏を無事に越すことができたら、秋に植え替えます。

肥料

花期が長いので、2週間に1回ぐらい薄めの液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。