サギゴケ Mazus miquelii

サギゴケの花
写真 サギゴケ
撮影時期 2015.4.11
栽培状況 庭植え
科名・属名

ゴマノハグサ科
サギゴケ属

園芸分類

宿根草

別名

マズス

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜5月

【サギゴケについて】

サギゴケは、コケという名前が付いていることから、コケと勘違いされることがありますが、ゴマノハグサ科の宿根草です。「サギ」の名前の由来は、花の形が鷺の飛んでいる様子に似ているところから来ているとも言われています。

少々の悪条件にも耐える丈夫な宿根草で、グランドカバーとしても利用されます。

栽培したところでは、耐寒性、耐暑性があり、丈夫で育てやすい宿根草です。< ます。

【花の特徴と性質】

草丈

上には伸びず地面を覆うように生育します。

花径1cmほどの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があります。

学名の説明

Mazus・・・・・ギリシャ語のmazos(乳頭突起)が語源です。

miquelii・・・・・オランダの植物学者ミケルの名前にちなみます。

【主な種類と品種】

ピンクと紫色の花色があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

グランドカバーとして利用されることが多いですが、プランターなどに植えても楽しめます。プランターに植える場合は。丸形の浅めで径が大きなものが適しています。

花壇に植えるときは、深さ20cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の2〜3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

サギゴケの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

庭に植えるときは、日当たりがそこそこよくて、やや湿り気のある場所が適しています。

田んぼの畔など湿ったところに自生していますので、乾燥するところは避けるようにします。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

日常の管理

鉢植えの場合は、水切れに注意します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

春か秋に株分けをして増やすことができます。

肥料

もともと丈夫な植物ですので、庭植えの場合は、特にやせ地で生育が悪い場合を除き、施肥の必要はありません。

鉢やプランターに植えた場合は、液肥を時々与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。