サンジソウ(三時草) Bergeranthus multiceps

サンジソウの花
写真 サンジソウ
撮影時期 2014.5.22
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ツルナ科
ベルゲランサス属

園芸分類

常緑宿根草
(多肉植物)

別名

ベルゲランサス
テルナミ(照波)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

5月〜10月

【花の印象など】

サンジソウ(三時草)は、午後の3時ごろに開花することから名づけられたと言われています。草姿は、同じツルナ科のデロスペルマによく似ています。

ハゼランもサンジソウと呼ばれることがありますが、あまり一般的ではないので、こちらをサンジソウとしました。

栽培したところでは、梅雨時の長雨に当ててしまい、それが原因で枯れてしまったことがあります。

その後で購入した株は、年間を通じて雨の当たらないところに置いて、乾燥気味にしていますので、順調に育っています。

とにもかくにも、乾燥気味に育てることが大切だと改めて思いました。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は10cmほどです。茎が伸びず塊のようになって成長していきます。

花径3〜4cmほどの黄色の八重咲きです。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが耐寒性はそれほどありません。

学名の説明

Bergeramthus・・・・・Berger(植物学者のベルガー)+ anthus(花の)

multiceps・・・・・「多頭の」

【主な種類と品種】

特にはないようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

多肉植物ですので鉢植えで育てます。通常は、春に苗あるいは開花株が出回りますので、これを買って植えつけます。植え付ける際、いきなり大きい鉢は使わず、一回り大きいものを使った方が安全です。

鉢植えの用土

水はけのよいものを使います。多肉植物用の用土、若しくは赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、パーライトを5:3:2程度に混ぜた用土などが一例です。

置き場所

年間を通じて、雨の当たらないところに置いた方が安全です。特に、梅雨時や長雨の予想されるときは雨の当たらないところに移します。などは雨のかからないところに移します。

植え替え

株が鉢いっぱいになってきたら、4月ごろに一回り大きい鉢に植え替えるか、株分けをして植え替えますます。

日常の管理

乾燥気味に育てます。特に、冬場は水やりを少なくします。株分けで簡単に増やすことができます。

冬の管理

霜に当たると傷みますので、軒下など霜の当たらないところに置き、水やりはごく控えめにします。

ふやし方

株分けをして増やすことができます。

肥料

多肥にする必要はありません。夏を除いて春から秋には、薄めの液肥をときどき与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。