サンパチェンス Impatiens hybrids

サンパチェンスの花
写真 サンパチェンス
撮影時期 2015.6.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ツリフネソウ科
ツリフネソウ属

園芸分類

非耐寒性宿根草

別名

(特にありません)

原産地

(園芸交配種)

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜10月

【サンパチェンスについて】

サンパチェンスはインパチェンス属の種間雑種で、「サカタのタネ」のオリジナル品種です。

インパチェンスニューギニア・インパチェンスが直射日光を嫌うのに対し、夏の日差しに耐え、初夏から秋まで咲いてくれるように改良されたものです。

栽培したところでは、ニューギニア・インパチェンスを丈夫にした品種群のように思います。

【花の特徴と性質】

サンパチェンスの花

草丈

40〜50pになります。株張りもよく、庭植えの場合は1m近くにもなるようです。インパチェンスよりニューギニアインパチェンスに近い草姿です。

花径は5〜6pです。花色は、白、赤、オレンジ、赤紫などです。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Impatiens・・・・・ im(不)+ patiens(忍耐)で「辛抱できない」が語源です。
※ 熟した果実に少し触れただけで、急に皮がはじけて種子が飛び出すところからきています。

hybrids・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

「サカタのタネ」からいろいろな品種が出ています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

「サカタのタネ」のカタログのほか、春には園芸店やホームセンターなどに4号程度のポット苗が出てきますのでこれを買って植え付けます。鉢やプランターは勿論、条件がよければ庭植えもできます。

鉢植えの場合は、株が大きくなってきたら10号以上の鉢を使いますが、購入した苗を植え付ける場合は、いきなり大きい鉢に植え付けるのは避け、まずは6号鉢程度の鉢に植え付けます。

サンパチェンスの花

鉢植えの用土

市販の園芸用培養土などを使います。

植え場所・置き場所

夏場を除き、日当たりと風通しのよいところで育てます。半日陰でも大丈夫ですが、日当たりが悪いと花が咲きにくくなります。

株間

庭植えの場合は、50〜60p以上必要です。

日常の管理

鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いたら十分に水やりをします。ただし、成育初期は、あまり過湿にならないようにします。

夏が近づいてきたら、枝先から三分の一ないしは半分程度切り戻しをします。

夏の管理

サンパチェンスは、日当たりを好みますが、夏場は半日陰に移し、葉焼けと鉢の乾燥を少しでも防ぐようにします。特に、夏場に乾燥させすぎると株が非常に弱ってしまいますので注意します。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を、その後は1月に1回程度緩効性の化成肥料を置肥します。併せて、鉢植えは1週間〜10日に1回液肥を与えます。

病気・害虫

スリップスが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。