サラサドウダン Enkianthus campanulatus

サラサドウダンの花
写真 サラサドウダン
撮影時期 2009.5.5
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ツツジ科
ドウダンツツジ属

園芸分類

落葉広葉低木

別名

フウリンツツジ

原産地

本州中南部、四国、九州

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月

【サラサドウダンについて】

サラサドウダンは、花色は美しい色彩のものが多く、なかなか魅力がありますが、ドウダンツツジの花色が変わったものではなく、性質もかなり異なっています。

ドウダンツツジは、耐暑性が強く関東以西の暖地でも全く問題なく育てられますが、サラサドウダンは耐暑性あまり強くありません。ツツジよりも、むしろシャクナゲに近い性質と言えます。

栽培したところでは、庭植えにしていたところ、暑くなるにつれて元気がなくなり、2年目の夏を乗り越えるのがやっとという状況で、次第に弱ってしまい、購入時のように咲くことはありませんでした。

【花の特徴と性質】

サラサドウダンの花

樹高

高さは1〜2mほどですが、大きくなると3mになるものもあるようです。

別名をフウリンツツジというように、花梗が長いところが特徴のひとつです。

また、美しい色彩の品種があり、人気があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性は弱いです。

学名の説明

Enkianthus・・・・・ギリシャ語の enkyos(妊娠する)+anthos(花)が語源で、「膨らんだ花」という意味です。

campanulatus・・・・・「鐘形の」

【主な種類と品種】

サラサドウダン

花に更紗染めの模様があるところから、その名前がついています。

ベニサラサドウダン

上の品種の紅花の品種です。

【サラサドウダンの育て方と栽培のポイント】

植え付け

サラサドウダンは、庭植えはもちろん、鉢植えでも楽しむことができます。植えつけは、11月〜12月又は2〜3月が適期です。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥とを入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ベニドウダンの花

鉢植えの用土

鹿沼土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

サラサドウダンやベニドウダンは、夏の強光を嫌いますので、半日陰になるような場所に植えつけます。

鉢植えも、春と秋は日当たりのよいところでかまいませんが、夏は半日蔭になるようなところに置き、西日は避けるようにします。

剪定

暖地で育てるとなかなか剪定するほどには生育しませんが、もともと生育が遅いので、混みあった枝や、徒長枝などを切り詰める程度にとどまます。時期は、花後に行います。

肥料

春先と秋に油カスを主体にした肥料を与える程度で十分です。

病気・害虫

ほとんどありませんが、ハマキムシやカイガラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。