サザンクロス Crowea

サザンクロスの花
写真 クロウェア・エクサラータ
撮影時期 2003.10.13
栽培状況 開花株購入
科名・属名

ミカン科
クロウェア属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

クロウェア

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

6月〜11月

【サザンクロスについて】

サザンクロスは、オーストラリア原産の常緑低木です。花が美しいので園芸店やホームセンターなどでよく見かけますが、耐寒性が弱く、夏の高温多湿が苦手なことから、暖地では育てにくいと言えます。

サザンクロスがミカン科の植物とは少し意外な気もしますが、葉をもむと柑橘系の香りがするので、納得できます。ボロニアと近縁の植物で、こちらも夏の高温多湿を嫌う点は同じです。

ところで、サザンクロスというのは流通名で、最近は属名のクロウェアと呼ぶ例が増えているようです。とは言いながら、ここでは、昔ながらの名称で掲載しています。

栽培したところでは、夏の高温多湿で枯れてしまい、2年、3年と育てたことがありません。1年ものと思った方がストレスになりません。

【花の特徴と性質】

サザンクロスの花

樹高

30〜70cmほどです。葉は細長く繊細な印象を与えます。

四季咲き性が強く、園芸店では早くから花の咲いたものが売られています。

花径は1p足らずですが、ピンクで上品な色合いの花が株一杯に咲きますので人気があります。

耐寒性・耐暑性

夏の高温多湿を苦手とします。

また、耐寒性がないので冬は5度以下にならない室内の明るいところで管理します。

学名の説明

Crowea・・・・・18世紀イギリスの植物学者 James Crowe に因みます。

exalata・・・・・「無翼の」

saligna・・・・・「ヤナギのような」

【主な種類と品種】

サザンクロスは、エクサラータ種とサリグナ種、およびこれらの交配種が出回っています。

エクサラータ
C. exalata

花色は明るい桃色で、もっともふつうに栽培されている種類です。

サリグナ
C. saligna

エクサラータよりも葉が幅広く、花は桃色です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

花期が長いので園芸店などでは5月ごろから10月ごろまで顔を出していますので、これを買った育てます。夏の直射日光と耐寒性が弱いので、通常は、鉢での栽培になります。

園芸店などで売られている株は、ほとんどの場合、小さな鉢に植えられていますので、その場合は、一回りか二回り大きい鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

サザンクロスは酸性土壌を好むため、鹿沼土とバーク堆肥を7対3程度に混ぜた用土に植えつけます。

サザンクロスの花

植え替え

2年に1回を目安に植え替えをします。時期は、3月中に行います。鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として植え替えます。

置き場所

秋から春は戸外の日当たりのよい場所で育てます。梅雨時は、雨の当たらない軒下などに移します。

また、夏の直射日光を好みませんので、7〜9月は半日陰に置くようにします。

日常の管理

過湿を嫌いますが、水切れにも弱いので、夏は乾燥させすぎないように注意します。

3月頃、剪定して、草姿を整えます。

冬の管理

耐寒性が弱く、冬場は室内に移すか、暖地であれば霜の当たらない軒下に置きます。

冬場の水やりは控えめにしますが、冬に乾燥させすぎると葉が落ちますので注意します。

ふやし方

挿し木で増やすことができます。時期は、5〜6月か、9月に行います。

肥料

4〜7月と9〜10月に液肥を与えます。

病気・害虫

弱った株には、アブラムシやカイガラムシが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。