サクラソウ Primula sieboldii

サクラソウの花
写真 サクラソウ
撮影時期 2002.4.27
撮影場所 鶴見緑地にて
科名・属名

サクラソウ科
サクラソウ属

園芸分類

宿根草

別名

ニホンサクラソウ

原産地

北半球の温帯

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【サクラソウについて】

サクラソウの名の由来は、花びらの先端が2つに割れ、サクラの花びらに似ていることによるものです。

日本には各地に自生地がありますが、現在では激減しているようで、環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧2類になっています。

育てるなら江戸時代からつくられてきた園芸種がたくさんありますので、こちらにしてもらいたいものです。

【花の特徴と性質】

草丈

15〜25pほどです。

高さ15〜30pの花茎が伸びて、花径2〜3pほどの花が咲きます。1つの花茎は、5〜20輪程度で、花色は淡桃、、桃、濃桃が一般的です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性はそれほどありません。

学名の説明

Primula・・・・・primus(最初の)の縮小形

sieboldii・・・・・シーボルトに因みます。

【主な種類と品種】

園芸種は300種もあるといわれていますが、タキイ種苗のカタログに載っていた品種をいくつか紹介します。

駅路の鈴

梅弁の小輪受け咲き、桃色底白に爪白の品種です。

無礼講

広かがり弁の大輪平咲き、淡桃色地に紅の絞りが入る。

白蜻蛉

酔白と呼ばれる、弁の表が白で、裏が極淡い紫となります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

秋、又は早春(2月中旬〜3月中旬)に株分けしたものを植えつけます。関東以西の暖地では、庭植えに適した場所を確保しにくいので、鉢植えで育てるのが一般的です。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、軽石砂を4:3:3程度に混ぜた用土などを使います。

サクラソウの花

置き場所

花の時期までは日当たりのよいところに置き、その後は明るい日陰に移します。

開花中は、花が雨に当たると傷みやすいので雨の当たらない場所に移します。

植え替え

鉢植えは、1年育てると根が鉢内にいっぱいになりますので、毎年植え替えます。植え替えの時期は、早春又は秋に行います。

日常の管理

生育時期は、水切れさせないように注意します。

花が一通り終わったら、増し土を行います。

夏の管理

6月ごろには葉が枯れてきて休眠期に入りますが、夏の間も鉢土が乾いてきたら水やりをします。

耐暑性があまり強くないので、風通しのよい涼しい日陰に置きます。

冬の管理

耐寒性が強いので、戸外で冬を越します。

ふやし方

植え替えのときに、株分けをして増やすことができます。

肥料

花後と秋に緩効性の固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。