サンダーソニア Sandersonia aurantiaca

サンダーソニアの花
写真 サンダーソニア
撮影時期 2016.5.30
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ユリ科
サンダーソニア属

園芸分類

春植え球根

別名

クリスマス・ベルズ

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

6〜8月

【サンダーソニアについて】

サンダーソニアは、比較的最近出回るようになった球根です。花がベルに似たユニークな形をしているところから、人気があります。

自生地は南アフリカで、その名前は、発見者のスコットランドの植物学者ジョン・サンダーソン(John Sanderson)に因んでいます。

栽培したところでは、過湿に注意すれば特に難しいことはありませんでした。

【花の特徴と性質】

草丈

半つる性で、70〜100pほどになります。

花がベルのような形をしているので、最近人気が出てきています。花径は3pほどで、下から順に咲いてきます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱いので、戸外で越冬はできません。

学名の説明

Sandersonia・・・・・発見者のスコットランドの植物学者ジョン・サンダーソン(John Sanderson)に因みます。

aurantiaca・・・・・「橙色の」

【主な種類と品種】

オーランティアカ

一般によく出回っている品種で、オレンジ色の花です。

‘フェニックス'

オーランティアカの黄色の花で、最近出てきた品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

過湿に弱いので、庭植よりも鉢植えで育てるほうが失敗が少ないです。

植えつけは、4〜5月頃に行います。球根の先端から芽が出ますが、どちらの端から芽が出るかわりにくいので、球根を横にして植えつけてもかまいません。

植え付けてからたっぷりと水やりをしたら、後は、芽が出るまで過湿にならないよう注意します。

サンダーソニアの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、軽石砂(川砂)、バーク堆肥(腐葉土)を6:2:2程度に混ぜた用土などを使います。

植え付けの深さ

2pほどにします。

置き場所

日当たりを好みますので、戸外の日当たりのよい場所で管理します。ただし、芽が出てからしばらくの間は、強光を避け、半日陰に置きます。

また、できるだけ雨の当たらない場所がよく、特に、梅雨どきなど長雨が予想されるときは、雨のかからないところに移します。

株間

6号鉢に3球ほど植え込みます。

植え替え

毎年植え替えます。時期は4月ごろが適期です。

日常の管理

茎は細いながら強靱ですが、開花時になるとどうしても倒れやすくなるのでアンドン用の支柱を立てておくと安心です。

過湿に弱いので、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

終わった花は、早めに取り除きます。そのままにしておくとタネをつけますが、発芽させるのは難しく球根の肥大を妨げるだけです。

花が終わってから過湿にすると球根が腐ってしまいますので、花後からは特に注意し、長雨は避けるようにします。

夏の管理

サンダーソニアは、夏の高温多湿が苦手ですので、風通しのよい半日陰に移します。

休眠期の管理

秋になると休眠期に入ります。秋に葉が黄色くなってきたら水やりを止め、鉢植えのまま室内に移し、春の植え替え時まで保管します。

肥料

肥料を多くすると花付きがよくなりますので、植え付け時に緩効性の化成肥料を与えます。後は、2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

ナメクジの食害に注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。