サトザクラ Prunus lannesiana

サクラの花
写真 サトザクラ
撮影時期 2001.4.20
撮影場所 大阪造幣局にて
科名・属名

バラ科
サクラ属

園芸分類

落葉広葉低木

別名

(特にありません)

原産地

日本、中国、朝鮮

用途

庭植え

花期

3〜4月

【サトザクラについて】

サトザクラは、ヤマザクラやオオシマザクラなどから実生によって変化したもので、自然生の中から見出されたり、あるいは育成をされてきたものです。別名をヤエザクラと言う八重咲きのものが多く、中にはキクザクラと呼ばれるように花弁が200以上のものもあります。

ずいぶん前に、サトザクラがたくさん植えられている大阪造幣局の通り抜けに行きましたが、土曜日だったこともあって、ものすごい人出で、ゆっくり鑑賞するというわけにはいきませんでした。写真を撮るのも苦労する始末でしたが、さすがにサクラの美しさはすばらしいものでした。できれば平日にゆっくり楽しみたいものです。

【花の特徴と性質】

サクラの花

樹高

(主な種類と品種を参照してください。)

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強く、全国で植栽が可能です。

学名の説明

Prunus・・・・・・スモモのラテン古名に由来します。

lannesiana・・・・・日本の植物をフランスに紹介したフランスの植物学者 Lannes de Montebello に因みます。

【主な種類と品種】

たくさんの品種がありますが、サトザクラの中でよく植えられている品種を少しだけ紹介します。

関山

花色は濃い紅色の大輪八重咲き。花径5pの重ねの厚い花で、海外でも広く植えられている最高品種のひとつです。

普賢象

花は濃い桃色で、弁数30枚程度の豊かな八重咲き。通り抜けでもすばらしい花を見ることができました。文句なく最も美しい桜のひとつです。

松月

白〜淡桃色の八重咲きで、花径5p。重ねの厚い花を垂下して咲かせる名桜のひとつです

鬱金

花は淡黄緑色で、花弁10〜15枚ほどの八重咲きで、花径4p。珍しい色彩だけによく目立ちます。

【育て方と栽培のポイント】

サクラの花

サトザクラを植えるなら、あまり大きくならない中型のサトザクラを選んだほうが無難です。

植え付け

11月又は2〜3月が植えつけの適期です。植えつけの前に十分水揚げをしておきます。

植え場所・置き場所

水はけと日当たりのよいところを選びます。

日常の管理

サクラは、放任したままでも自然に樹形をつくっていくので、剪定はあまり必要としません。

逆に切り口から枯れ込むこともあるので、枯れ枝や病気の枝を切り取るなど必要最小限にとどめます。

肥料

サクラは、普通の庭土の場合、植え付け時を除きほとんど必要としません。

病気・害虫

病害虫としては、4月下旬〜9月にオビカレハ、アメリカシロヒトリ、コスカシバなどの害虫が発生しますので、殺虫剤を散布します。

また、病気としては、こうやく病が枝や幹に発生しますので、患部を切り取り石灰硫黄合剤を塗るとよいとされています。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。