トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

サポナリア・オフィシナリス Saponaria officinalis

サポナリアの花
写真 サポナリア・オフィシナリス
撮影時期 2002.7.21
栽培状況 庭植え
科名・属名

ナデシコ科
シャボンソウ属

園芸分類

宿根草

別名

シャボンソウ
ソープワート

原産地

ヨーロッパ、西アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜10月

【サポナリア・オフィシナリス】

サポナリア・オフィシナリスは、宿根草でシャボンソウとも呼ばれています。学名も石鹸が語源ですが、葉を手で揉むと泡立つことから、石鹸の代わりに利用されたことに由来します。

なお、バッカリアあるいはドウカンソウとも呼ばれる一年草のサポナリア・バッカリアは、バッカリア属で、サポナリア属ではありません。

栽培したところでは、丈夫な宿根草で、株がひとりでに増えて、毎年よく咲いてくれます。

【花の特徴と性質】

草丈

サポナリアの花

50〜60pほどに伸びます。ハーブではソートワープあるいはシャボンソウと呼ばれます。葉の形を見るとナデシコ科の仲間ということがわかります。

ピンクと白が一般的です。一重の他に八重咲きもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり、とても育てやすい花です。

学名の説明

Saponaria・・・・・「石鹸の」、「石鹸のような」が語源です。

officinalis・・・・・「薬用の」、「薬効のある」

【主な種類と品種】

上の写真のように、花色が濃い種類と下の写真のように淡いピンクの品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけ時期は、3〜4月又は10月頃が適期です。株がそれほど大きくはなりませんので、花壇はもちろん、鉢やプランターで育てるのにも向いています。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3〜4割程度の堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

サポナリアの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植えつけます。土質は特に選びません。

鉢やプランターも日当たりのよいところで育てますが、耐暑性があるとはいえ、夏は半日蔭に移した方が安全です。

日常の管理

草丈がよく伸びて倒れやすくなりますので、一度摘芯をしてやると、草姿がよくなります。

花が終わったら、側枝が出ている上で切り戻すと、次の花が咲いてくれます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくします。

ふやし方

増やすには、株分けの他、6月頃に挿し芽ができます。

肥料

3月と9月に緩効性の化成肥料を与えますが、丈夫で生育がよいので多肥にする必要はありません。逆に肥料をやりすぎると伸びすぎて倒れやすくなりますので注意します。

病気・害虫

アブラムシに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。