コスミディウム Thelesperma burridgeanum

コスミディウムの花
写真 コスミディウム 'フィリピン'
撮影時期 2006.5.21
栽培状況 こぼれダネから開花、庭植え
科名・属名

キク科
テレスペルマ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

テキサス州

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【コスミディウムについて】

コスミディウムは、秋播きの一年草で、以前はコスミディウム属に分類されていたことからそのように呼ばれています。2005年のカタログから見かけるようになりました。

写真は、前年の株から落ちたタネから開花したものですが、それだけに、育苗は比較的簡単です。

花の印象としては、ハルシャギクに似ているように思われます。

栽培したところでは、春播きは十分開花するまでに、梅雨と夏の高温多湿の時期を向かえ、よい結果が出ませんでした。暖地は、秋まきをお勧めします。写真は、こぼれダネから開花したもので、寒さにも比較的強く、育てやすい草花と言えます。

【花の特徴と性質】

草丈

40〜50p程度です。

花径3〜4pで、チョコレート色で周囲が黄色の目立つ花色です。花が次々と立ち上がってきますので、なかなか見事です。

耐寒性・耐暑性

比較的耐寒性がありますので、暖地の場合は霜除けは必要ありませんが、耐暑性はなく宿根することはありません。

学名の説明

Thelesperma・・・・・ギリシャ語の theles (乳首) + sperma(種子)が語源です。
※ 種子の形に由来します。

burridgeanum・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

'フィリピン' という品種が出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽適温は15〜20度ですので暖地では9月下旬〜10月上旬に箱播きします。寒地では春まきになります。

好光性なので覆土は、タネが少し隠れる程度にごく薄くします。発芽後、本葉が3〜4枚のころに3号のポリポットに植え替えます。

コスミディウムの花

植え付け

植えつけ前に、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5〜10Lほど入れて、庭土とよく混ぜておきます。

ポットに根が回るようになったら花壇やプランーなどに定植します。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土などを使います。

株間

25〜30p程度としますが、株間を少し詰めて植えても蒸れることはなく、開花時は写真のように派手な色彩の花がにぎやかに咲きます。

プランターの場合は、60cmの標準型で3株を目安にします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

生育初期はひ弱な感じがしますが、丈夫な草花です。生育するにつれて、見違えるようになります。

冬の管理

暖地以外は、冬は霜除けをしたほうが安全です。

肥料

それほど多肥にする必要はありません。植えつけ時に化成肥料を1u当たり50gほど入れます。開花期間が長いので、プランターの場合は、月に1度追肥をします。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。