トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

コマクサ Dicentra peregrina

コマクサの花
写真 四季咲きコマクサ
撮影時期 2004.5.22
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ケシ科
ディセントラ属

園芸分類

宿根草

別名

(特になし)

原産地

日本他

用途

鉢植え

花期

5〜6月

【花の印象など】

コマクサは、高山植物の女王とも言われ、美しい花を多数咲かせる代表的な山野草として知られてますが、乱獲されて絶滅したところも多くあります。自生地で採取したコマクサを育てようとしても馴化せず、枯らしてしまうのがオチですので、採取は厳に慎むべきです。

美しい花ですので、どうしてもこの花を育てたい場合は、コマクサと北米のコマクサの交配種である「四季咲きコマクサ」が比較的丈夫で、コマクサよりも耐暑性があります。

なお、コマクサとタイツリソウの交配種を「四季咲きコマクサ」と呼ぶ場合があります。

【花の特徴と性質】

草丈

10〜15pほどです。

コマクサ名前の由来は、蕾の形が馬の顔に似ていることからきていますが、確かに馬の長い顔に見えます。四季咲きコマクサも花形はコマクサに似ています。花茎2pほどで普通は紅色と白花があります。

耐寒性・耐暑性

コマクサは、高山植物で耐暑性が弱く暖地での夏越しは困難ですし、自生地のような花を楽しむことはまず不可能です。四季咲きコマクサも、暖地では、花は何とか見れますが夏越しは難しいです。

【主な種類と品種】

四季咲きコマクサは、日本のコマクサと北米原産のコマクサの交配で生まれました。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

暖地での植え付けは、秋が適しています。

置き場所

本来は、日当たりの良いところを好みますが、夏場は強光を避けます。

日常の管理

春から休眠期までは日当たりの良いところに置き、過湿にならないように管理します。

肥料

春に置き肥をし、生育期間中に月2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

過湿にすると根腐れを起こします。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。