久留米ケイトウ Celosia cristata

久留米ケイトウの花
写真 久留米ケイトウ
撮影時期 2015.7.14
栽培状況 春播き後、庭植え
科名・属名

ヒユ科
ケイトウ属

園芸分類

春播き一年草

別名

トサカケイトウ

原産地

熱帯アジア

用途

庭植え

花期

7〜8月

【久留米ケイトウについて】

久留米ケイトウは、トサカケイトウの園芸品種です。花が球状になり、てとても見栄えがすることから、花壇などによく植えられています。種小名のcristata は鶏冠(とさか)を意味します。

花が咲き始めてから、球形になるまで長い間楽しめます。だんだんと美しい花になっていくのは、楽しいものです。

栽培したところでは、暖地に限ったことかもしれませんが、夏の酷暑では生育が悪くなるうえに、台風で傷んだりするので、タネ播きの時期と定植が遅くならないようにすることが大切だと思いました。

【花の特徴と性質】

久留米ケイトウの花

草丈

80〜100pほどです。

赤色が一般的ですが、ピンクや黄色もあります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Celosia・・・・・ギリシャ語の keleos(燃やした)に由来します。

cristata・・・・・「トサカ状の」

【主な種類と品種】

プライド

緋赤色に青茎の美しい品種です。

切り花用混合

切り花用の各色の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから簡単に育てることができます。播く時期を選べば、秋のお彼岸に利用できますが、遅く播くときは害虫の防除に手間がかかります。

移植を嫌うとされていますので、通常は、直まき又はポットや小鉢に直接播くことになります。ただし、箱蒔きにして、早めにポットや小鉢に植え替えても、特に問題はありません。

発芽適温が25度と高いため、4月下旬から5月に播いた方が無難です。ただし、あまり遅くなると、見頃を迎えるときに害虫の発生が増えてきますので、適期に播くことが肝要です。覆土はタネが隠れる程度にします。

直まきの場合は、20〜25cmの間隔を目安に徐々に間引きしていきます。ポットに直接播いた場合も、徐々に間引きし本葉が4〜6枚のころまでに一本立てにします。箱播きの場合は、本葉が2〜3枚になったらポットに植え替えて育苗します。

植え付け

本葉が4〜6枚のころに定植します。遅くなって植えつけると、株が十分に育たないうちから花を付けてしまい、貧弱な株になってしまいます。

花壇に定植するときは、堆肥を1u当たり5kgほど入れて庭土とよく混ぜて植えつけます。

久留米ケイトウの花

株間

20〜25cmとします。

植え場所

日当たりのよいところに植え付けます。

日常の管理

丈夫で、植え付け後は特に手入れはいりませんが、株が傾いてきたら支柱を立ててやります。

肥料

多肥にする必要はありませんが、月に1回ほど追肥をしてやるとよく育ちます。

病気・害虫

ヨトウムシに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。