コバノセンナ Cassia coluteoides

コバノセンナの花
写真 コバノセンナ
撮影時期 2005.11.8
撮影場所 高知市にて
科名・属名

マメ科
カッシア属

半耐寒性広葉低木

別名

カッシア

原産地

ブラジル、アルゼンチン

用途

庭植え

花期

10月

【花の印象など】

コバノセンナは、南米原産のマメ科の花木で、属名のカッシアと呼ばれたりハナセンナと呼ばれることもありますが、ハナセンナは、アンデスノオトメと呼ばれている同属の(C. corymbosa)の方で、混乱している向きもあります。なお、センナというのはカッシア属の旧学名です。

耐寒性はやや弱いですが、暖地では庭植えできます。野市町周辺でも秋になると庭植えのコバノセンナを見かけますが、花の少ない時期に黄金色の花が一面に咲くので、思わず目を見張るほどの美しさです。なお、アンデスノオトメの方は開花時期がコバノセンナよりも早くなります。

【花の特徴と性質】

カッシアの花

樹高

露地植えで、3mほどになった木を見かけます。大きく広がりますので、相当のスペースが必要です。

黄金色の美しい花です。枝先に大きな房状になって咲くので、大変きれいです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱く、関東以西の暖地以外は庭植えは困難です。

以前、「アンデスノオトメ」とコバノセンナの幼木を買って、植えたところ「アンデスの乙女」は大丈夫でしたが、こちらは寒さで枯れてしまいました。このことから、二つを比べるとコバノセンナの方が少し耐寒性が弱いと思われます。

学名の説明

Cassia・・・・・桂皮(シナモン)の古名から転用されたものです。

coluteoides・・・・・「ボウコウマメ属に似た」

【主な種類と品種】

カッシア属の中で栽培されているのは、比較的耐寒性のある次の2種類です。

コバノセンナ
C. coluteoides

カッシア属の中で、最もよく見かける種類で、花径は3〜4cmの黄色花が咲きます。2本の湾曲した雄しべが特徴です。

ハナセンナ
C. corymbosa

「アンデスノオトメ」とも呼ばれる種類で、花径3cmほどの黄色の花がコバノセンナよりも早く咲き始めます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどでは、秋に開花株が鉢植えで売られていますので、これを買って植え付けることになります。

木が大きくなりますので、鉢植えでは難しく、庭植えに向いています。ただし、ある程度の大きさになるまでは鉢植えができますし、秋に開花株を購入したときは、寒さにやや弱いので、すぐに庭に植えせず、鉢植えのまま育てて、春になって定植した方が安全です。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

カッシアの花

植え場所・置き場所

庭に植える場合は、日当たりがよく、寒い北風が当たらないようなところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

剪定

剪定は花後に行います。鉢植えの場合も、花後に刈り込みをして、暖地以外は寒くなってきたら室内に取り込みます。

冬の管理

関東以西の暖地でも、幼木の場合は霜よけをした方が無難です。

鉢植えは、霜の当たらない軒下など置きますが、寒さの厳しいときは室内に取り込みます。

肥料

マメ科の樹木なので、庭植えの場合は肥料は必要としません。

鉢植えの場合は、春と秋に置き肥をしますが、量は控えめにします。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。