クーペリー Crassula exilis subsp. cooperi

クーペリーの花
写真 クーペリー
撮影時期 2015.7.12
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ベンケイソウ科
クラッスラ属

園芸分類

(多肉植物)

別名

クラッスラ乙姫

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

5月〜7月

【花の印象など】

クーペリーは、一見してセダムの仲間かなと思いますが、クラッスラ属でセダムとは別属です。ピンクの小さな花がにぎやかに咲きます。

クラッスラ属の植物は多肉植物とされていますが、クーペリーも多肉植物と考えて、乾燥気味に栽培したほうが安全です。

栽培したところでは、耐暑性があり、また、軒下で冬を越しましたので耐寒性もそこそこあります。

【花の特徴と性質】

草丈

10cmほどでしょうか。あまり上には伸びず横に広がります。葉に斑点が入っています。

7月になるとピンクの小さな花が固まって咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性が強く、耐寒性もそこそこあって、霜に当てなければ大丈夫です。

学名の説明

Crassula・・・・・ラテン語のcrassus(厚い、太い)が語源です。

exilis・・・・・「細い」、「弱い」

cooperi・・・・・アメリカ合衆国の博物学者 Dr. James G. Cooper に因みます。

【主な種類と品種】

クラッスラ属にはたくさんの品種がありますが、’茜の塔’、’火祭り’などの品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

初夏に開花株が売られていますので、これを買って育てます。ポット苗で売られている場合は、購入したらすぐに大きめの鉢に植え替えます。用土は、水はけのよい用土を使います。

クーペリーの花

植え替え

鉢の大きさにもよりますが、2年したら株分けを兼て植え替えます。時期は4月ごろが適期です。

置き場所

年間を通じて、雨の当たらないところで育てたほうがベストです。とりわけ、長雨に当てることは避けるようにします。

また、日当たりのよいところを好みますが、夏の直射日光は避けるようにします。

日常の管理

多肉植物ですので、基本的に水やりは控えて、乾燥気味に育てます。水の与えすぎは厳禁で、根ぐされを起こして枯れてしまいます。

株分けの他に、挿し木で増やすことができます。

冬の管理

冬は、日当たりのよい軒下、あるいは窓辺に置いて、一段と水やりを控えます。

肥料

肥料はさほど必要としません。春と秋の生育期に薄めの液肥を2〜3週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。