クリスマスブッシュ Ceratopetalum gummiferum

クリスマスブッシュの花
写真 クリスマスブッシュ
撮影時期 2005.6.11
栽培状況 開花株購入
科名・属名

クノニア科
ケラトペタラム属

園芸分類

常緑中高木

別名

(特にありません)

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜7月

【クリスマスブッシュについて】

クリスマスブッシュは、日本では初夏に咲きますがオーストラリア原産ですので、現地では11〜1月に開花することからこの名前が付いています。

最近、鉢植えで出回っていますが、木はかなり大きくなるようです。ラベルには暖地であれば庭植えも可能とされていましたが、未確認です。

栽培したところでは、購入したのが大分前になりますので、はっきりした記憶がないのですが、短命で終わったような記憶があります。もう一度、育ててみようと思っていますが、その後、園芸店やホームセンターなどでは見かけたことがないのでそのままになっています。

【花の特徴と性質】

樹高

現地では10m近くなるようです。

写真で赤く花のように見えるのは、ガクです。本当の花は花径1pほどの白色です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はあまり強くなさそうです。

学名の説明

Ceratopetalum・・・・・ギリシャ語の cerato(角)+petalum(花弁、花びら)が語源です。

gummiferum・・・・・「ゴムを生じる」

【主な種類と品種】

ガクが朱赤になる品種が出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常、5〜6月頃にガクが美しく色づいた株が出回ります。鉢が小さいものが多いようなので、そういう場合は、根鉢を崩さないようにして、大きめの鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を好みますので、赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

クリスマスブッシュの花

置き場所

日当たりの良いところで管理します。

日常の管理

過湿に弱いですが、水切れにならないよう注意します。

冬の管理

耐寒性は、それほど強くないようですので、冬は室内が安全です。無霜地域なら庭植えができるかもしれません。

肥料

肥料は控えめにします。春先と秋に緩効性の肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。