クレピス Crepis rubra

クレピスの花
写真 クレピス
撮影時期 2015.4.25
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キク科
クレピス属

園芸分類

秋まき一年草

別名

モモイロタンポポ

原産地

南イタリア〜バルカン半島

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【クレピスについて】

クレピスは、南イタリアなど南ヨーロッパ原産の秋播き一年草です。モモイロタンポポとも言いますが、タンポポ属(Taraxacum)とは別属です。

ロゼット状で冬を越し、春に花茎を伸ばして花が咲きます。タンポポと比べると大型ですが、それでも草丈は30p程度ですので、庭植えは勿論、鉢植えでも楽しめます。

カタログでは、印刷の関係で濃桃色でしたが、写真のようにやさしい色合いの花が咲きました。

栽培したところでは、寒さに強く、丈夫ですのでタネから容易に育てることができました。

【花の特徴と性質】

クレピスの花

草丈

草丈は30〜40pほどです。

花径は5pほどです。桃色タンポポという名前のとおり、やさしい色合いの花が咲きます。白花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、特に寒い時期は霜よけをした方が安心です。

学名の説明

Crepis・・・・・ギリシャ語の crepis(長靴)に由来するギリシャの古い名前から

rubra・・・・・「赤い」

【主な種類と品種】

通常、ピンクの花がよく栽培されていますが、白花の品種もあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月下旬〜10月上旬に、箱播き又はポットに直接播きます。覆土は5mm程度にします。

箱播きの場合、発芽後、本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えます。小苗のときに過湿にならないよう注意します。

植え付け

本葉5〜6枚でポットに根が回ってきたら定植します。直根性ですので、定植が遅くならないようにします。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土によく混ぜてから植えつけます。

クレピスの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

25〜30p程度にします。60pの標準のプランターなら3株が目安です。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢植えの場合は、やや乾き気味に管理し、土の表面が乾けばたっぷりと水やりします。

冬の管理

耐寒性はありますが、強い霜に当たると傷むことがあります。庭植えで霜除けをしなくても冬を越しましたが、特に寒い時期は、不織布をベタがけするなど軽く霜除けをした方が安心です。

プランターなどに植えた場合は、霜の当たらない軒下などで育てます。

肥料

花壇に植える場合は、植えつけ前に緩効性の化成肥料を1u当たり50gほど入れて、庭土によく混ぜてから植えつけます。追肥は特に必要ありませんでした。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、1月ほどしたら冬場を除き液肥を2週間に1回程度施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

アブラムシがつくことがありますが、それほど被害を受けたことはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。