クガイソウ(九蓋草) Veronicastrum virginicum

クガイソウの花
写真 ‘フアッシネーション’
撮影時期 2015.6.21
栽培状況 庭植え
科名・属名

オオバコ科
クガイソウ属

園芸分類

宿根草

別名

特にありません

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜7月

【クガイソウについて】

クガイソウ(Veronicastrum japonicum)は日本にも自生していますが、園芸植物として一般に栽培されているのは北米原産のものです。日本のクガイソウと比較すると花が密に咲きます。学名からわかるようにベロニカの近縁種です。日本のクガイソウと区別してベロニカストラムと呼ぶこともあります。

九蓋草の名前の由来は、葉が4〜8枚くらい輪生し、それが9段ほどの層になるところから名づけられたと言われています。

栽培したところでは、おぎはら植物園から購入して植えたばかりですが、耐寒性は強く、6月になって花が咲きました。耐暑性も比較的あり、夏を越すことができました。

【花の特徴と性質】

草丈

1〜1.5mほどになります。

花穂が長く伸びます。総状花序という咲き方で、花色は青紫、白などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いです。耐暑性も比較的あります。

学名の説明

Veronicastrum・・・・・「クワガタソウ属(ベロニカ属)のような」

virginicum・・・・・「バージニア(州)の」

【主な種類と品種】

‘ファシネーション’

草丈1mほどで、青紫の花が咲きます。

‘ダイアナ’

草丈1.2mほどで、白い花穂が長く伸びる品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけは、春又は秋に花壇やプランターなどに植えつけます。花壇に植えるときは、バーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、腐葉土(バーク堆肥)を4:4:2程度に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところに植えつけますが、暑さをやや苦手としますので、午後は日陰になるようなところが最適です。

鉢やプランターで育てる場合も、夏は半日陰の涼しいところに移したほうが安心です。

日常の管理

地上部が完全になくなりますし、芽が出てくるのが大変遅くなりますので、誤って掘り返したりしないようにします。

花が終わったら、早めに花茎を切り取って起きます。

冬の管理

冬は地上部が枯れますので、地際で切り戻しておきます。耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。

肥料

植えつけ時に、緩効性の肥料を与えます。

病気・害虫

今のところ、特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。