クリナム Crinum

クリナムの花
写真 クリナム・パウエリー
撮影時期 2010.6.12
栽培状況 庭植え
科名・属名

ヒガンバナ科
クリナム属

園芸分類

春植え球根

別名

特にありません

原産地

アジア、アフリカの熱帯〜亜熱帯、日本

用途

庭植え

花期

5〜8月

【クリナムについて】

クリナムは大変丈夫で、植えっぱなしでも毎年美しい花が咲きます。ただし、大型の球根ですので、鉢植えでは窮屈かもわかりません。また、やや寒さに弱いので、どちらかといえば暖地向きです。

クリナムにはいろいろな種類がありますが、耐寒性がないクリナム・アマビーレは、別に取り上げています。また、ハマユウもこの仲間ですが、こちらも別に取り上げています。

栽培したところでは、よく出回っている種類は、特に霜除けをしなくても冬を越しますし、植えっぱなしにできるので、暖地では育てやすい球根だと思います。花も大きく魅力がありますが、株が大きくなりますので狭い庭で、やや、もてあまし気味です。

【花の特徴と性質】

クリナムの花

草丈

小型のもので50p、大型になると1mほどになります。

ユリに似た花が横向きあるいは下向きに咲きます。花色は、白、ピンク、濃紅色などがあります。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性ですので、暖地では露地で越冬しますが、寒地の場合は困難かもしれません。

学名の説明

Crinum・・・・・ギリシャ語の crinos(ユリ)が語源です。

pouelii・・・・・イギリス人の育種家ポーウェリー(Powell)の名前にちなんでいます。

ellen bosanque・・・・・この種類を作り出したアメリカ人 Louis Bosanquet の妻の名前にちなみます。

【主な種類と品種】

パウエリー
C. × pouelii

クリナムの中でよく見かけるピンクの花が咲く品種です。耐寒性が強く庭植えができます。

パウエリーアルバ
C. × pouelii ‘Album’

インドハマユウと呼ばれ、耐寒性の強い白花の品種です。(写真中)

エレン・ボサンケ
Crinum ×ellen bosanque

草丈80pで、花色は濃紅色です。耐寒性が強く庭植えができます。(写真下)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

クリナムは、やや寒さに弱いので暖かくなった4月頃が植えつけの適期です。有機質に富んだ肥沃な土壌を好みますので、植え穴に腐葉土か完熟堆肥を入れて、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植えつける深さは、球根の三分の一ほどが見える程度にします。植えた年は葉の展開が遅くなりますが、日当たりと水はけの良いところに植えてあれば心配はいりません。

クリナムの花

植え場所

肥沃で日当たりのよいところが適地です。また、水はけの悪いところは避けるようにします。

株間

大型の品種は40〜50pほどにします。

植え替え

クリナムは毎年掘り上げる必要はなく、数年間は植えっぱなしにできます。4〜5年ほどたつと花数も減ってきますので、分球して植え替えます。

もっとも、パウエリーなどは、庭に長いこと植えっぱなしにしておくと、根が広がりすぎて植え替えが困難になってしまいます。

日常の管理

花が終わったら、タネをつけないよう花茎を切り取ります。そのままにしておくと、株に負担をかけますし、長い花茎が倒れて見苦しくなります。

冬の管理

種類によって耐寒性が異なりますが、上の3種は耐寒性があり、暖地では、特に霜除けしなくても冬を越します。ただし、株が小さいときは、霜除けをした方が安心です。

霜に当たって一部の葉が傷みますが、春になると元気に葉を伸ばしてきます。

寒地の場合は、霜除けが必要です。

ふやし方

植え替えのときに、分球して増やします。

肥料

庭植えの場合は、葉が伸びる前と花後に有機質肥料を与えます。

病気・害虫

ハマオモトヨトウの食害に注意します。放っておくと被害が大きくなりますので、オルトランなどで早めに駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。