トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て」の一覧に戻る「て」の一覧に戻る 「と」の一覧に戻る「と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ スマホ版スマホ版

クリスマスローズ Helleborus × hybridus

クリスマスローズの花
写真 クリスマスローズ オリエンタリス
撮影時期 2009.3.1
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キンポウゲ科
ヘレボルス属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ヘレボルス
レンテンローズ

原産地

ヨーロッパ中、南部

用途

庭植え、鉢植え

花期

12〜4月

【クリスマスローズについて】

クリスマスローズは、いつの頃からなのか、急に人気が出てきて、最近の種苗会社のカタログを見てもたくさんの品種が出ています。特に、最近は八重咲きのものを多く見かけるようになりました。

クリスマスローズという名前ですが、関東以西の暖地で一般に栽培されているオリエンタリスは、開花が2〜3月頃になります。栽培が容易で、戸外で栽培しても花の少ない時期に咲いてくれます。

また、花自体に何ともいえない魅力があるので、この花にのめり込んでしまう人の気持ちもわかるような気がします。

オリエンタリスを栽培したところでは、暑さにも比較的強く、鉢植えは、半日陰に置いて育てていますが、毎年よく咲いてくれます。庭植えも、午前中日の当たるところに植えていますが、問題なく育っています。

【花の特徴と性質】

クリスマスローズの花

本当のクリスマスローズというのは、ヘレボルス・ニゲル種のことのようですが、暑さに弱いこともあって、現在、栽培されている多くは、レンテンローズ(ヘレボルス・オリエンタリス)といわれる系統が中心になっています。

草丈

30p前後です。

ニゲル種はほとんどが白花で、一茎に1〜2花付けますが、オリエンタリスは白、桃、紫、紅などの花色があり、一茎に数花咲かせます。花径は、だいたい6p内外で、一重咲きがほとんどですが、最近は八重咲きの品種も多く出回るようになりました。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はたいへん強いですが、耐暑性がやや弱く、夏の暑さと乾燥を避ける必要があります。

学名の説明

Helleborus・・・・・ギリシャ語の hellos (子鹿) + bora (食物)が語源です。

orientalis・・・・・「東の」、「東方の」

niger・・・・・「黒い」、「黒色の」

argutifolius・・・・・ argutus(鋭い)+ folium(葉)が語源です。

【主な種類と品種】

クリスマスローズは、大きくは、ニゲルやアウグスティフォリウスなどの有茎種とオリエンタリスなどの無茎種に分けることができます。

オリエンタリス
H. orientalis

東南アジアに分布し、2〜4月に開花します。歯に鋸歯があります。ニゲル種より耐暑性があり、丈夫で育てやすいので、一般に売られているクリスマスローズは、ほとんどがオリエンタリスの交配種です。

ニゲル
H. niger

中、南ヨーロッパに自生し、1〜2月に開花する本当のクリスマスローズ。花は白色。葉に鋸歯がほとんどありません。

耐暑性が弱いので、暖地での栽培には向いていません。

アルグティフォリウス
H. argutifolius

コルシカ等などに自生するクリスマスローズで、有茎種です。1〜3月に淡緑色の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

ここでは、オリエンタリスについて記載しています。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、有機質に富んだ半日陰に植えます。特に、7〜9月の夏の間は明るい日陰になるような落葉樹の下が最適です。

鉢植えの場合は、11〜4月は日当たりの良いところに、5〜6月と10月は半日陰に、そして7〜9月は日陰の涼しいところに置きます。そうした環境がないときは、遮光ネットを利用します。

植え付け

園芸店やホームセンターなどでは、冬から春先に開花株や苗が販売されていますので、これを買って植えつけます。また、種苗会社のカタログには、たくさんの種類が乗っています。

通常は、鉢やポットに植わっていますので、4〜5号程度の鉢に植えられている場合は、そのまま花壇に植えてもよいですし、鉢植えで育てる場合は、10月ごろまで待って植え替えます。

ポット苗を入手したときは、できるだけ早めに5号程度の鉢に植え付けます。

花壇に植えたいときでも、購入した鉢が小さければ、すぐに花壇に植えるのは避け、一回りもしくは二回り大きめの鉢に植え替えて、1〜2年育ててから花壇に植え付けます。

クリスマスローズの花

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥と有機質肥料を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

この際、鉢の底に根が十分に回っているときは、根鉢を少し崩してから植えつけるようにします。

鉢植えの用土

水はけの悪い用土に植えると根腐れをすることがありますので、赤玉土、軽石、バーク堆肥(腐葉土)を4:3:3程度に混ぜた用土などを使います。

株間

何株も植える場合は、株間を50〜60cmほど広くとると、植えっぱなしにできる期間が長くなります。この場合、株間が寂しくなりますので、あまり根の張らない草花を植えこむことができます。

クリスマスローズだけを植えるなら30pほどの間隔にします。ただし、この場合は、株が早く混みあってきますので、間の株を間引いて別の場所に移す必要が出てきます。

植え替え

庭植えの場合は、数年間は植えっぱなしにします。花付きが悪くなって来たら、株分けをして植え替えます。

鉢植えは、毎年、10〜11月ごろに、古い土と根をよくほぐして新しい土で植え替えます。この際、鉢が小さいときは二回りほど大きめの鉢に、ある程度大きい鉢に植えている場合は、一回り大きめの鉢を使います。

日常の管理

10月〜5月ごろまでは、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。

夏の管理

オリエンタリス種といえども夏の高温と強光は苦手ですので、花壇に植えた場合、多少とも日が当たる場合は、敷きわらをして地温の上昇を防ぐようにします。

鉢植えは、明るい日陰に移すか、遮光ネットを張るようにします。また、水やりは控えめにします。

クリスマスローズの花

冬の管理

耐寒性が強いので、戸外で冬を越しますので。

ふやし方

植え替えの時に、株分けして増やすことができます。この際、あまり細かく分けず、2〜3分割して、植えつけます。

肥料

庭植えの場合は、10月に有機質肥料を株元に施します。また、鉢植えの場合は、10月〜3月に緩効性の化成肥料を施します。

病気・害虫

黒死病の発生が見られたら、防ぐ手立てがありませんので、すぐに株を抜いて焼却します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。