春咲きグラジオラス Gladiolus spp.

春咲きグラジオラスの花
写真 春咲きグラジオラス ‘ヴィンテージ'
撮影時期 2008.4.19
栽培状況 鉢植え
科名・属名

アヤメ科
グラジオラス属

園芸分類

秋植え球根

別名

早咲きグラジオラス

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【春咲きグラジオラスについて】

グラジオラスと聞いてまず思い浮かべるのが夏に咲く色鮮やかな花だと思われますが、この春咲きグラジオラスは、秋植え球根で名前のとおり春に花が咲きます。

現在、流通している品種の多くは、トリスティス種(G. tristis)やカルディナリス種(G. cardinalis)などの原種が交配されたものです。

同じグラジオラス属ですが夏に咲くグラジオラスとは、草姿もずいぶんと異なり、別のイメージの植物です。花は清楚で、香りのとてもよい品種もあり、また、鉢植えで容易に育てることができるなど、とても魅力があります。

栽培したところでは、鉢植えで育てましたが軒下で冬を越し、春には大変よく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

春咲きグラジオラスの花

草丈

30〜70p程度です。

花径は5〜8p程度で、夏に咲くグラジオラスと比較すると小輪です。花色は、白、黄、紫、ローズピンクなどで、繊細な花色が特徴かと思われます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はやや弱いと言えます。

学名の説明

Gladiolus・・・・・ラテン語の gladium(剣)が語源です。
※ グラジオラスの葉の形が剣に似ていることに由来します。

tristis・・・・・「鈍い」、「ぼんやりした」

cardinalis・・・・・「深紅色の」、「緋色の」、「主要な」

【主な種類と品種】

トリスティス

原種ですが、よい香りのする淡い黄色の花が咲きます。草丈は50pほどです。

アメジスト

紫色の花が咲きます。草丈50〜60pほどです。丈夫で育てやすく、木子でよく増えます。(写真下)

サザンクロス

白地に紫のラインが入ります。よい香りを持っています。草丈は60pほどです。(写真中)

ボルケーノ

濃いローズピンクに紫のラインが入ります。よい香りを持っています。草丈は50〜60pほどです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

夏咲きのグラジオラスと比較すると格段にコンパクトですので花壇はもちろん、鉢やプランターで育てるのにも適しています。10月が植え付けの適期ですが、暖地の場合は、11月中旬まで植え付けが可能です。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけの苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて庭土に混ぜておきます。1週間ほどしたら、堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

春咲きグラジオラスの花

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの深さ

庭植えで5cm、鉢植えの場合は3cmほどにします。鉢植えの場合は深鉢が適しています。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

株間

庭植えで5〜10cm、鉢植えの場合は7号鉢に5球が目安です。

植え替え

庭植えにしたものも鉢植えも、毎年掘り上げて植え替えます。

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、分球しているものは球根を分けてネットの袋などに入れて、秋の植え付け時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、過湿にならないよう鉢土の表面が乾いたら水やりします。長雨が予想されるときは軒下など雨のかからないところ移します。

冬の管理

寒さに弱いので、冬になったら、庭植えの場合は農ポリなどでトンネルをします。暖地の場合は、鉢やプランターに植えたものは軒下で冬を越します。

春咲きグラジオラスの花

休眠期の管理

花が終わり、葉が枯れてきたら堀り上げます。ネットなどに入れて、日の当たらない涼しいところで秋まで保管します。

ふやし方

秋の植え替えの時に、分球して増やすことができます。

肥料

液体肥料を10日に1回程度与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。