クジャクサボテン Epiphyllum hybrida

クジャクサボテンの花
写真 クジャクサボテン
撮影時期 2009.4.18
栽培状況 鉢植え
科名・属名

サボテン科
エピフィラム属

園芸分類

多肉植物

別名

オーキッド・カクタス

原産地

南米

用途

鉢植え

花期

5〜6月

【クジャクサボテンについて】

クジャクサボテンは、トゲのあるサボテンのイメージとは異なります。中南米の森林性の原種を基に交配によって作り出されたもので、大輪で美しい花が咲きます。美しい花が咲くだけに、たくさんの品種があります。

サボテンの仲間だけに栽培には多少のコツがいります。要は、クジャクサボテンの特性を知って育てることが必要です。

栽培したところでは、花後の管理がついついおろそかになって、毎年きれいな花が咲いてくれるという状況には至っていません。基本に沿った栽培を心がけたいと思っています。

【花の特徴と性質】

クジャクサボテンの花

草丈

50p〜1mほどになります。

大輪になると花径25pを超える品種もあり、花色も大変豊富です。

サボテンの多くの花に共通していますが、花弁に金属光沢があり、大変素晴らしい花です。

耐寒性・耐暑性

寒さや暑さに弱く、植物の特性を知っていないと、育てにくいところがあります。

学名の説明

Epiphyllum・・・・・ギリシャ語の epi(上)+ phyllum(葉)が語源です。
※ 花が葉の上についているように見えることに由来します。

hybrids・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

品種が大変に多く、また、毎年新しい品種が出てきますので、どれを買ったらいいのか迷ってしまいますが、花もさることながら、丈夫で花付きのよい品種を選ぶことが肝要だと思います。

「月下美人」は、厳密にいうとクジャクサボテンとは分類が異なるようです。従って、栽培方法も多少異なります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

一般には、花の咲いた株を5月頃に手に入れることが多いですが、通信販売などでも手に入れることができます。小さな苗から花が咲く大株に育てるのは、案外難しいので、早く花が見たいのなら、開花株を求めた方がよいかと思われます。

苗を手に入れたときは、根鉢を崩さないようにして植えつけます。時期は5〜6月又は9〜10月が適期です。過湿を嫌いますので、あまり大きな鉢は避け、一回り大きい鉢に植えつけます。植えつけてからすぐに水やりはせず、1週間ほどして水やりを始めます。

植えつけた後、アンドン型の支柱をしておくと、茎がまとまります。

クジャクサボテンの花

鉢植えの用土

クジャクサボテン用の土が園芸店などで販売されていますので、これを買って植えてもよいですし、赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を5:3:2程度に混ぜた用土などに植えつけます。

置き場所

年間を通じて雨の当たらないところで育てるようにしますが、春と秋は、半日陰か午前中当たるところに置きます。

植え替え

開花株は2年に1回程度の目安で植え替えをします。花後に鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、植え替えます。

開花株を初めて植え替えるときは、植わっている用土と同じようなものを使用するのが無難ですが、別の用土に植える場合は、古い土をよく落としてから新しい用土に植えつけます。

日常の管理

過湿に非常に弱いので、鉢土が十分に乾いてから軽く水やりをします。

草丈が高くなりすぎると草姿が悪くなりますので、60p〜1mほど(小型の品種はもっと低く)に剪定します。

夏の管理

夏は、日陰に移すか、寒冷紗の下におきます。また、根腐れしやすいので水やりは控えめにします。肥料も必要ありません。

冬の管理

冬は室内に取り込みます。暖地では簡易フレームでもかまいません。基本的に水やりはしなくてかまいません。

ふやし方

5〜6月ごろに挿し芽をして増やすことができます。この場合、できるだけ大きな茎を使いますが、切り取ってすぐに挿さず、1週間ほど陰干しにして、切り口を乾燥させた後、挿します。

肥料

花後から7月までの2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

過湿による根腐れに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。