キアネラ Cyanella spp.

キアネラの花
写真 キアネラ・アルバ
撮影時期 2016.3.12
栽培状況 鉢植え
科名・属名

テコフィレア科
キアネラ属

園芸分類

秋植え球根

別名

(特にありません。)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3月〜4月

【キアネラについて】

キアネラは、南アフリカに自生しているテコフィレア科の小型の球根で、これまで、ほとんど流通していませんでしたが最近(2013年ごろ)種苗会社のカタログで見かけるようになりました。

今のところ販売されているのは、キアネラ属の中でも白花のアルバと黄花のルテアだけです。

栽培したところでは、栽培は、特段難しいということはなく、大切に育てれば、よく咲いてくれます。ただ、分球は難しそうなので、タネを採って播いてみようかと思っています。

【花の特徴と性質】

草丈

10〜15cmで、細いひも状の葉が伸びてきます。

アルバは、花径3cmほどの白花ですが、花弁の外側にほんのりとピンクが入る美しい花です。

耐寒性・耐暑性

軒下で問題なく育っていますので、耐寒性は比較的ありますが、霜が当たるところは不適です。夏は葉が枯れて休眠します。

学名の説明

Cyanella・・・・・cyaneus(暗い藍色の)が語源になっています。

alba・・・・・「白い」

【主な種類と品種】

アルバ
C. alba

種小名は「白い」という意味ですが、花弁のほんのりとピンクが入ります。

ルテア
C. lutea

草丈は20cmほどで、黄色の花が咲く種類です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

球根の流通は少なく、種苗会社のカタログやネットを通じて購入します。耐寒性が強くないことと、ごく小さな球根植物ですので鉢植えで育てます。

植え付けは、10月上旬〜11月中旬ごろが適期です。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使うことが大切です。赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を4:3:3程度に混ぜた用土に、苦土石灰を少量入れて植えつけていますが、特に問題なく育っています。

キアネラの花

植え付けの深さ

球根の上に2pほど鉢土が被る程度に植えつけます。

株間

2〜3cmほどの間隔にします。

置き場所

日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

過湿を嫌いますので、やや乾燥気味に育てます。水やりは、鉢土の表面が乾いてから与えます。

タネを採って播く場合以外は、花が終わったら早めに取り除いておきます。

冬の管理

耐寒性がやや弱いですが、関東以西の暖地では、霜の当たらない軒下などに置けば冬を越します。

水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に軽く水やりをします。

休眠期の管理

葉が枯れ始めたら水やりを止め、鉢に植えたまま、雨のかからない日陰に置いて秋まで保管します。

掘り上げた場合は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、ネットの袋などに入れて、秋の植え付け時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

ふやし方

あまり分球しませんので、タネを採って播いた方が早道です。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。