キャットミント Nepeta x faassenii

キャットミントの花
写真 'ウォーカーズロー'
撮影時期 2008.5.3
栽培状況 庭植え
科名・属名

シソ科
イヌハッカ属

園芸分類

宿根草

別名

ネペタ

原産地

コーカサス、イラン

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜7月

【キャットミントについて】

キャットミントは、ネペタ属のネペタ・ファーセニーを指す場合が一般的ですが、これは、ネペタ・ラセモーサ(N. racemosa)とネペタ・ネペテラ(N. nepetella)の交雑種と言われています。

同じネペタ属の中で、単にネペタという場合は、‘ピンクドリームス’など日本のミソガワソウ(N. subsessilis)の改良種をこのように呼ぶ場合が多いようです。

なお、ネコが好むハーブを英名でキャットミントと言いますが、これは、ネペタ・ファーセニーではなく、ネペタ・カタリア(N. cataria)だそうです。キャットニップあるいはイヌハッカと呼ばれる種類が本種です。ネコが犬になるとは、なんともややこしい話です。

ところで、庭に‘ウォーカーズロウ’という品種を植えていますが、今、飼っている猫は、散歩の途中で匂いをかいだり、葉をかじったりした遊んでいますので、こちらも好きなようです。

栽培したところでは、暑さ寒さに強く、丈夫な宿根草で手間がかかりません。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜40pほどです。

派手さはありませんが紫の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫ですが、やや夏の高温多湿を嫌います。

学名の説明

Nepeta・・・・・イタリアの地名 Nepeta に由来します。

faassenii・・・・・オランダの種苗場主 JH Faassen に因みます。

subsessilis・・・・・sub(接頭語) +ラテン語の sessilis(低い、座した)が語源です。

cataria・・・・・「ネコに係る」

【主な種類と品種】

‘ウォーカーズロウ’
N. x fassenii
‘Walker's Low’

草丈50cmほどで、暑さ、寒さに強くブルーの美しい花が咲きます。

‘ピンクキャンディ’
N. hybrida ‘Pink Candy’

草丈40cmほどで、パステルピンクの花が咲きます。

‘シックスヒルズジャイアント’
N. x fassenii
‘SixHills Giant’

草丈1mほどの大型の品種です。

【キャットミントの育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどで、ポット苗が出ていますのでこれを買って植えつけます。種苗会社のカタログなどにも載っています。植えつけの時期は、春か秋が適当ですが、ポット苗であれば、夏と冬以外であれば大丈夫です。

花壇に植える場合は、できれば、あらかじめ苦土石灰を撒いて耕しておきます。植え付ける際は、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り返した土の3〜4割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は、赤玉土とバーク堆肥を7対3程度に混ぜた用土などを使います。

キャットミントの花

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけますが、半日陰でも差し支えありません。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てますが、夏は半日陰になるところに移します。

株間

花壇の場合は、30〜40p程度とします。

植え替え

花壇に植えた場合は、4〜5年は植えっぱなしでよく咲いてくれますが、株が混みあってきたら株分けを兼ねて植え替えます。

鉢植えの場合は毎年、プランターでも2年に1回は植え替えます。

日常の管理

高温多湿を嫌いますので、梅雨前に半分くらいに刈り込みます。株分けは秋に行います。

ふやし方

植え替えの時に株分けをして増やすことができます。

肥料

花壇に植える場合は、さほど肥料を必要としません。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の肥料を与え、後は、春と秋に置き肥をするか、月に2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。