トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

木立性セネシオ Pericallis hybrida

木立性セネシオの花
写真 桂華
撮影時期 2007.2.3
栽培状況 開花株購入
科名・属名

キク科
ペリカリス属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

枝咲きセネシオ

原産地

北アメリカ

用途

鉢植え

花期

【木立性セネシオについて】

木立性セネシオは、比較的新しく出回るようになった花で、木立性のサイネリアというべきものです。同じキク科の植物で暑さを嫌いますが、サイネリアがカナリア諸島の原産で耐寒性がないのに対して、木立性セネシオは北アメリカの原産で、サイネリアと比較すると寒さに強いという点が異なっています。

花は、マーガレットにもよく似た一重の花ですが、花持ちがよく、また、多彩です。

栽培したところでは、残念ながら耐暑性がないので夏には枯れてしまいましたが、花が美しいので一年ものでも買って損はないと思います。

【花の特徴と性質】

木立性セネシオの花

草丈

30p程度です。

花径5〜7p程度で、一重の花です。花色は豊富で白、ピンク、ブルー、赤紫などたくさん出回っています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、霜に当てなければ冬場も咲きづけます。ただし、耐暑性は弱いです。

学名の説明

Pericallis・・・・・ギリシャ語の perikalles(非常に美しい)が語源です。

hybrida・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

サイネリアと同様たくさんの花色があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

開花株が園芸店やホームセンターなどに出てきますので、これを買って育てます。鉢が小さくて根詰まり気味のときは、根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えます。

木立性セネシオの花

鉢植えの用土

市販の園芸用培養土もしくは、赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、パーライトを6:3:1程度に混ぜた用土などを使います。

置き場所

秋から春の間は、日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

生育が旺盛なので、花が一とおり終わったら、早めに切り戻しをすると、二番花を楽しむことができます。

植え替え

耐暑性が弱いので、夏が来る前に、思い切って切り戻しをして、一回り大きい鉢に植え替えます。

夏の管理

夏場は、風通しのよい日陰に置いて暑さをしのぎます。それでも暖地では、夏越しは容易でないと思われます。

冬の管理

耐寒性はありますが、霜に当てると傷みますので、寒さが厳しくなってくる前に軒下か室内に取り込みます。

肥料

開花期には、1週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。