ギリア・トリコロール Gilia tricolor

ギリア・トリコロールの花
写真 ギリア・トリコロール
撮影時期 2015.4.18
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

ハナシノブ科
ギリア属

園芸分類

秋まき一年草

別名

アメリカハナシノブ

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ギリア・トリコロールについて】

ギリア・トリコロールは、ハナシノブ科の秋播き一年草で、英名をバーズアイ(鳥の目)と言います。これは、花の中心が黒紫色で何となく目のように見えるところからきています。

ギリアの中では、比較的栽培が少ないようですが、小さいながらも美しい色合いの花がたくさん咲きます。

栽培したところでは、発芽もよく、苗の生育がよいので育苗は簡単でした。写真は霜が降りそうな寒い日だけ霜よけをしたものですが、そうすると4月上旬から咲き始めました。

暖地では霜除けは不要かもしれませんが、全く霜除けなしで育てたことはありません。

【花の特徴と性質】

ギリア・トリコロールの花

草丈

40〜50pほどになります。 切れ込んだ葉もなかなか魅力的です。

花径2pほどの小さな花で、淡青〜紫です。花付きがよいので、満開になると、たいへんきれいです。

耐寒性・耐暑性

寒さには比較的強いようです。高温多湿に弱いので、夏には枯れてしまいます。

学名の説明

Gilia・・・・・18世紀のスペインの植物学者 Felipe Luis Gil に因みます。

tricolor・・・・・「三色の」

【主な種類と品種】

種苗会社のカタログなどでもめったに見かけませんが、花色のミックスされたタネが販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

乾燥には強いですが、過湿には弱いので、秋に播いて梅雨が来るまでに花を咲かせるようにします。

発芽適温が15〜20度ですので、9月下旬〜10月中旬ごろに箱播きします。覆土はタネが隠れる程度に薄くします。発芽率はよく、余るほどの苗ができます。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えて育苗します。

ギリア・トリコロールの花

植え付け

ポットに根が回ったら、花壇やプランターに定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり50gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。

定植する際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜25pほどにします。 密植しすぎると茂りすぎて、根元が蒸れてしまいます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

草丈が高くなってきたら倒れやすくなるので、その場合は支柱をしてやります。

冬の管理

寒さには比較的強いですが、庭植えの場合は軽く霜除けをすると安心です。鉢やプランターに植えた場合は、霜の当たらない軒下などで育てます。

肥料

肥料はあまり必要としません。多肥にすると間延びした草姿になります。

病気・害虫

うどんこ病に注意します。また、アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。