キャンディリリー x Pardancanda norrisii

キャンディリリーの花
写真 キャンディリリー
撮影時期 2011.7.11
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

アヤメ科
パルダンカンダ属

園芸分類

宿根草

別名

ヒメヒオウギアヤメ

原産地

(属間交配種)

用途

庭植え、鉢植え

花期

7〜8月

【キャンディリリーについて】

キャンディリリーは、お菓子のような名前がついていますが、 ヒオウギとアイリス・ディコトマ(Iris dichotoma)との属間交配種で、葉はアヤメ、花形はヒオウギに似ています。とても丈夫なのでほとんど手間がかかりません。

上の写真は、タネから育てたものですが、栽培したところでは、育苗は簡単で、宿根草になってよく花が咲きました。

【花の特徴と性質】

キャンディリリーの花

草丈

60p〜1mほどになります。

花形はヒオウギ似て、花色は黄、オレンジ、赤、青色、紫、などです。花に斑点が入るものと入らないものがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Pardancanda・・・・・

norrisii・・・・・20世紀のアメリカの育種家 Samuel Norris に因みます。

【主な種類と品種】

園芸店のカタログを見ると、各色の混合で売られています。花に斑点が入るものとないものがあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

キャンディリリーは、苗を買って育てることが多いですが、タネから育てることができます。

3月下旬〜4月がタネまきの適期で、育苗箱に播き、薄く覆土します。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えて育苗します。

キャンディリリーの花

植え付け

タネから育てたときは、ポットの底に根が回って来たら花壇に定植します。春播きで、翌々年になると上の写真のようによく咲きます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

株間

30pほどにします。

植え場所

日当たりのよいところを好みます。

植え替え

花壇に植えた場合は、4〜5年は植えっぱなしにできます。株が混み合ってきたら、春か秋に株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

露地植えの場合、丈夫なのでほとんど手間がかかりません。

冬の管理

耐寒性がありますので、暖地では花壇に植えても霜除け等は必要ありません。

ふやし方

植え替えのときに株分けで増やすことができます。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。