キントラノオ(金虎の尾) Galphimia glauca

キントラノオの花
写真 キントラノオ
撮影時期 2013.10.14
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キントラノオ科
キントラノオ属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

(特にありません)

原産地

メキシコ

用途

鉢植え

花期

7〜10月

【キントラノオについて】

キントラノオは、キントラノオ科の半耐寒性の低木で、花の少ない時期に咲いてくれますし、満開になるとなかなかきれいです。

耐寒性がないので比較的出回ることの少ない花木ですが、最近、コウシュンカズラという名前で売られているのを見かけます。

ただし、本当のコウシュンカズラTristellateia australasiae)はツル性ですが、本種は写真のように立性でふたつは別種の植物です。また、アセローラはヒイラギトラノオ属で、キントラノオの近縁種になります。

栽培したところでは、耐寒性が弱いので、その点注意が必要ですが、それを除けば丈夫な花木です。

【花の特徴と性質】

樹高

1mほどにはなるようです。

金色に輝く花径2pほどの小さな花を枝先につけます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Galphimia・・・・・ Malpighia(ヒイラギトラノオ属)との関連がありそうですが、詳細は不明です。

glauca・・・・・「淡青緑色の」、「帯白色の」

【主な種類と品種】

品種は特にないようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

通常は、7月頃につぼみのついた苗が売られていますので、これを買って育てます。植えられている鉢が小さいときは、根鉢をあまり崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えます。

キントラノオの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

春から初冬は日当たりのよい場所に、冬は室内に取り込みます。

植え替え

2年に1回を目安に、4〜5月に植え替えをします。鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

水切れを起こすと株がぐったりとなりますので、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをします。

冬の管理

耐寒性がないので冬は室内に移し、水やりは控えめにします。

肥料

生育期間中に、月に2回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。