ギンバイカ(銀梅花) Myrtus communis

ギンバイカの花
写真 ギンバイカ
撮影時期 2009.6.12
撮影場所 高知市にて
科名・属名

フトモモ科
ギンバイカ属

園芸分類

常緑低木

別名

ギンコウボク
マートル

原産地

地中海沿岸地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【ギンバイカについて】

ギンバイカ(銀梅花)という名前から日本原産かと思いますが、実は地中海沿岸地方です。葉にはユーカリに似た香気があることから、ハーブとしても利用され、マートルとも呼ばれます。和名は、白い花が梅に似ているところから付けられたものと思われます。

派手さはありませんが、なんとなく印象に残る花木です。シナモンマートルに感じが似てなくもありません。

栽培したところでは、高知市で写した上の写真の株も庭に植わっていましたが、庭植えで育っています。病害虫もなく、育てやすい花木です。

【花の特徴と性質】

樹高

1〜3mほどになります。よく分枝して葉が密生するので、暖地では生垣にも利用できます。

花は花径2pほどの小さな花ですが、花がよく咲くので魅力があります。葉によい香りをもっています。花はそれほどの香りはありません。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はかなり強く、関東以西では露地植えが可能です。耐暑性も強く問題ありません。

学名の説明

Myrtus・・・・・この植物の古代ギリシャ語の名前が語源です。

communis・・・・・「普通の」

【主な種類と品種】

品種名は特にないようですが、斑入りの品種もあるようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

5月頃に開花株が園芸店やホームセンターなどで売られていますので、通常は、この株を買って育てます。購入した木の鉢が小さいときは、根鉢を崩さないようにして大き目の鉢に植え替えます。

関東以西なら庭植えで越冬しますので、花が終われば庭に降ろしてもかまいませんが、1年は鉢で育ててから植え付けた方が安全です。また、苗が手に入るなら3〜4月が庭植えの適期です。一旦植えつけると庭植えの移植は難しいと言われていますので、植えつけ場所をよく考慮してから植えつけます。

ギンバイカは、肥沃な土壌を好みますので、庭植えのときは、植え穴に腐葉土か完熟堆肥を入れて、庭土とよく混ぜて植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え替え

鉢で育てる場合は、2年に1回を目安に植え替えをします。時期は、3〜4月が適期です。

植え替えの際は、根鉢をあまり崩さないようにして、一回り大きい鉢に植え付けます。

ギンバイカの花

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところで育てます。庭植えの場合は、耐寒性があるとはいえ、北風の当たらない家の南側が適しています。

剪定

自然に樹形をつくりますので、通常は、強剪定は必要なく、不要な枝を切る程度でかまいません。時期は花後すぐに行います。

木が大きくなりすぎた場合は、強剪定もやむを得ませんが、時期は花後もしくは、花をあきらめるなら4月頃でもかまいません。

冬の管理

関東以西の暖地では、庭植えで冬を越します。鉢植えは、軒下などに移します。

肥料

鉢植えの場合、3月、花後そして9月に固形肥料を置き肥として与えます。庭植えの場合は、2月ごろに有機質肥料を寒肥として与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。