キンシバイ(金糸梅) Hypericum patulum

キンシバイの花
写真 キンシバイ ‘ヒデコート’
撮影時期 2010.5.28
栽培状況 庭植え
科名・属名

オトギリソウ科
オトギリソウ属

園芸分類

常緑、半常緑低木

別名

ヒペリカム

原産地

中国

用途

庭植え

花期

5〜6月

【キンシバイについて】

キンシバイは、オトギリソウ属の中ではビヨウヤナギと並んでよく植えられています。雄しべが金の糸のように見えるところからキンシバイ(金糸梅)となづけられたようです。

栽培されてるのは、多くの場合、在来種より花が大きい園芸種の‘ヒドコート’です。

栽培したところでは、耐寒性、耐暑性があり、目立った病害虫もありませんので、とても育てやすい花木です。ただし、株が大きくなりましたので、毎年の剪定は欠かせません。

【花の特徴と性質】

キンシバイの花

樹高

高さが1mほどの半落葉低木で、半円形の樹形をつくります。

花径4pほどの黄色の花を新枝の先に2〜3花咲かせます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、温暖化した最近では、香南市でもあまり葉を落としません。全国的には、東北地方の南部ぐらいまで植栽可能といわれています。

学名の説明

Hypericum・・・・・ギリシャ語の hyper(上)+ eikon(像)が語源です。
※ 悪魔よけの像の上に、この花が置かれていたことに由来すると言われています。

patulum・・・・・「わずかに開いた」

【主な種類と品種】

キンシバイの在来種の他に、次の品種があります。

ヒドコート
‘Hidcote’

園芸店などで売られ、植栽が多い品種です。花径7〜8pの大輪の花を咲かせます。

サンゴールド
‘Sungold’

こちらも大輪ですが、あまり見かけません。

細葉キンシバイ

葉が細く、花も小ぶりです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけは、4〜5月又は9月下旬〜10月が適期です。株がどんどん大きくなりますので、鉢植えには適していません。

花壇に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3〜4割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

キンシバイの花

植え場所

日当たり、水はけのよいところに植えつけます。日当たりが悪いと花付きがよくありません。

剪定

キンシバイは、自然に樹形を整えていきますので、剪定は伸びすぎた枝を切りつめる程度でかまいません。

春に伸びた枝に花芽が付きますので、時期は、冬場に行います。

大きくなりすぎたら強剪定をしますが、相当思い切って剪定しても芽吹きがよいので心配はいりません。

ふやし方

挿し木は、7月上旬頃、枝先を10〜15pほど切って挿します。いったん鉢にとって育て、定植は翌春にした方が活着がよいようです。

生育がよければ、3年目には花が咲きます。

肥料

あまり必要としませんが、やせ地の場合、早春に、油カスや化成肥料を施してやります。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。