カリアンドラ Calliandra spp.

ヒネムの花
写真 カリアンドラ・エマルギナータ
撮影時期 2016.9.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

マメ科
カリアンドラ属
(ベニゴウカン属)

園芸分類

常緑低木

別名

ベニゴウカン

原産地

南北アメリカなど

用途

鉢植え

花期

8〜10月

【カリアンドラについて】

カリアンドラ属(ベニゴウカン属)には何種類かありますが、ここでは、よく栽培されるヒネムウンナンネムノキ以外の種類を取り上げています。耐寒性は弱いですが、花の形がユニークなので魅力のある花木です。

エマルギナータを栽培したところでは、ハエマトケファラより花は小さいですが、木が小さいうちから花を付けています。

【花の特徴と性質】

樹高

【主な種類と品種】を参照してください。

【主な種類と品種】を参照してください。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Calliandra・・・・・ギリシャ語の calli(美しい)+ androeceum(雄しべ)が語源です。

haematocephala・・・・・ギリシャ語の haimo(血、赤)+ kephale(頭)が語源です。

emarginata・・・・・「凹型の」

【主な種類と品種】

カリアンドラ属の花木を紹介します。ヒネムウンナンネムノキは、それぞれのページをご覧ください。

ハエマトケファラ
C. haematocephala

オオベニゴウカンあるいはアカバナブラシマメとも呼ぶボリビア原産の赤花で、自生地では2〜4mと大きくなるようです。赤花で、花径は8〜10cmほどです。

ハエマトケファラ・アルバ
C. haematocephala "Alba"

白い花の咲く品種で、これもかなり大きくなります。

エマルギナータ
C. emarginata

メキシコからパナマが原産で、樹高は1.2mほどと小ぶりです。葉が羽状ではないところがヒネムとは異なります。花径4〜5cmの赤い花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性がやや弱いので、通常は、鉢植えで育てます。

ヒネムやウンナンネムノキは開花株が園芸店やホームセンターなどで苗木が売られていますが、それ以外の種類は、種苗会社のカタログやネットで購入した方が早道です。鉢が小さいときは、根鉢を崩さないようにして一回りか二回り大きい鉢に植え付けます。

カリアンドラの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

2年に1回を目安に植え替えをします。4月ごろに根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢へ植え替えます。

剪定

2〜3月ごろに伸びすぎた枝を切り戻す程度にします。

冬の管理

耐寒性が弱いので冬は室内に取り込みます。水やりは控えめにします。

肥料

多肥にする必要はありません。春と秋に緩効性の肥料を置肥する程度でかまいません。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。