ガマズミ Viburnum dilatatum

ガマズミの花
写真 ガマズミ
撮影時期 2017.5.17
栽培状況 庭植え
科名・属名

スイカズラ科
ガマズミ属

園芸分類

落葉低木

別名

(特にありません)

原産地

日本〜朝鮮半島

用途

庭植え

花期

5月

【ガマズミについて】

ガマズミは日本の山野に自生する落葉低木ですが、名前の由来がはっきりしていないようです。

春に咲く白い花と秋の果実がきれいなので、庭木としても利用されます。植栽はそれほど多くはないようですが、花と実が両方楽しめるので利用価値が高いと思います。

ずいぶん前に、とっとり花回廊で満開のガマズミを見かけましたが、とても美しく認識を新たにしました。

その後、庭に植えてみましたが、栽培したところでは、成育が旺盛で枝の伸びもよく、すぐに大きな株になりました。

【花の特徴と性質】

ガマズミの花

樹高

2〜3mほどになります。

白い小さな花が半球状になって咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性ともよく丈夫です。

学名の説明

Viburnum・・・・・この属の植物の古ラテン名を属名にしたものです。

dilatatum・・・・・「広がった」、「膨らんだ」

【主な種類と品種】

ガマズミの近縁種です。

チョウジガマズミ

中国原産で、樹高1〜2mになります。小さな淡紫桃色の花が咲きます。

キミノガマズミ

ガマズミが赤い果実を付けるのに対し、本種は黄色の果実を付けます。

オオチョウジガマズミ

チョウジガマズミより大型の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

ガマズミの花

植え付け

暖地では11月、寒冷地では2〜3月が適期です。根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

植え場所

土質は選ばず、日当たりでも、半日陰でも問題なく育ちます。

剪定

ガマズミは自然に樹形をつくっていきますが、枝の伸びがよいので株が大きくなりすぎたら剪定をする必要があります。

枝端に花芽をつくるので、時期は、花後すぐに行います。

肥料

多肥にすると花付きが悪くなりますので、やせ地以外は特に必要ありません。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。