カライトソウ(唐糸草) Sanguisorba hakusanensis

カライトソウの花
写真 カライトソウ
撮影時期 2008.7.12
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
ワレモコウ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

(特にありません)

原産地

本州

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜7月

【カライトソウについて】

カライトソウは、ネコジャラシのような房状の花が魅力的な宿根草です。学名のハクサネンシスは「白山の」という意味ですが、その名前からも分かるように主に本州中西部の日本海側の高山〜亜高山に自生します。

栽培したところでは、比較的耐暑性があり高知の夏の暑さもそれほど苦にすることはなく、毎年美しい花が咲きました。

ただし、4〜5年植えっぱなしにしていたら、株が大きくなったところで夏に枯れてしまいました。定期的に、株分けをして植え替えたほうがよかったようです。

【花の特徴と性質】

草丈

50p〜1m程度です。

写真のように、長さ10pほどのネコジャラシのような房状の花ですが、上品なピンクで、なかなか美しい花です。株が大きくなると花茎が多くなり、とても見栄えがします。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く育てやすい宿根草です。

学名の説明

Sanguisorba・・・・・ sanguis(血液)+ sorbere(吸収する、吸い上げる)が語源です。

hakusanensis・・・・・「白山の」

【主な種類と品種】

白の品種もあるようですが、一般にはピンクの花が咲く種類が植えられています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

カライトソウは、花壇はもちろん、鉢やプランターに植えて楽しむことができます。植え付けの適期は、3月又は10月頃です。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度の堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

カライトソウの花

鉢植えの用土

鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)を等量に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

庭に植えるときは、日当たりと水はけのよいところを好みますが、強い西日が当たるようなところは避けるようにします。半日陰地でも特に問題はないようです。

鉢植えも日当たりのよいところに置きますが、夏場は、半日陰で風通しのよいところに移します。

植え替え

庭植えの場合は植えっぱなしにできますが、株が混みあって来たら植え替えます。時期は、芽の出る前の3月もしくは10月頃です。

関東以西の暖地の場合は、大株になると蒸れて夏に枯れることがありますので、3〜4年したら株分けを兼ねて植え替えた方が安全です。

鉢植えは、2年に1回は植え替えをします。鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

乾燥を嫌いますので、鉢植えの場合は、成長期は水切れを起こさないよう注意します。

花が終わりに近づくと、花が白っぽくなって見苦しくなるので早めに切り取っておきます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

ふやし方

植え替え時に、株分けをして増やすことができます。

肥料

植え付け時に緩効性の肥料を与えます。鉢植えの場合は、生育期間の4〜6月と9〜10月に置き肥をしてやると、毎年、よく花が咲きます。

病気・害虫

ウドンコ病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。