カマシア Camassia spp.

カマシアの花
写真 カマシア
撮影時期 2002.4.28
撮影場所 とっとり花回廊にて
科名・属名

ユリ科
カマシア属

園芸分類

秋植え球根

別名

カマッシア
ヒナユリ

原産地

アメリカ西海岸

用途

庭植え

花期

4月〜5月

【カマシアについて】

カマシアは、北アメリカ原産の秋植え球根です。クシッキーやライヒトリニーという種類がよくつくられますが、いずれも丈夫で、植えっぱなしで育てることができます。

この花が群生しているのを初めてみたのは、ずいぶん昔になりますが上の写真のとっとり花回廊でした。やはりこれだけまとめ植えてあると見応えがあります。その年の秋に、さっそく球根を植えて育て始めました。

栽培したところでは、丈夫で植えっぱなしにでき、毎年よく咲いてくれるのでとても気に入っています。

【花の特徴と性質】

カマシアの花

草丈

【主な種類と品種】を参照してください。

まっすぐ伸びた茎の先に、星のような花が下から上に咲いていきます。花径3〜5pほどで、花色は白色、青紫、明青色などです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、栽培は容易です。

学名の説明

Camassia・・・・・ 先住民が使っていた Camas という言葉と quamash(甘い)に由来します。
※ カマシアの一種(C. esculenta)が食料にされていたことに因みます。

leichtlinii・・・・・19世紀のドイツの植物学者 Max Leichtlin への献名

cusickii・・・・・アメリカの植物学者 William Conklin Cusick への献名

esculenta・・・・・「食べられる」、「食用の」

【主な種類と品種】

ライヒトリニー
C. leichtlinii

カマシアの中では、最も大型で草丈1〜1.2mほどになります。花色は、淡青色や白花があります。(写真中)

クシッキー
C. cusikii

草丈80pの高性種で、花は青紫です。(写真下)

エスクレンタ
C. esculenta

草丈25pの矮性種で、花色は淡青紫色です。小輪の多花性種です。上の2種と比較するとカタログなどで見かけることは少ないです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

10月中旬〜11月中旬が植え付けの適期です。

庭植えの場合、土質は選びませんが、植えつけ前に、苦土石灰を撒いて土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、植え場所にバーク堆肥(腐葉土)を入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の球根用培養土でよく育ちます。

植え付けの深さ

庭植えの場合は5cm、鉢植えの場合は2cmほどにします。

カマシアの花

株間

庭植えの場合は10〜15p、鉢植えの場合は、6号鉢に4球が目安です。庭植えの場合は、少しつめて植えると開花時に見栄えがします。

植え場所・置き場所

日当たりのよいところを好みます。半日陰程度でもよく咲きます。

鉢やプランターに植えた場合は、日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

庭植えの場合は、植えっぱなしにできます。3〜4年たったら分球して植え替えます。

鉢やプランターの場合は、2〜3年程度で植え替えます。

日常の管理

花が下から咲いてきますが、上の花が咲かないうちに下の花が終わってしまいます。ですので、終わった花を早めに取っておくと見栄えがよくなります。また、全部の花が咲き終わったら花茎を切り取っておきます。

冬の管理

耐寒性が強く、戸外でも霜除けは必要ありません。

休眠期の管理

掘り上げるときは、葉が黄色くなってから行い、日陰で乾燥させてから秋の植えつけ時まで保存します。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。芽が伸び始める頃、追肥を与えますが、チッ素分の少ないものを使います。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。