カンナ Canna hybrid

‘タリスマン’の花
写真 ‘タリスマン’
撮影時期 2014.6.8
栽培状況 庭植え
科名・属名

カンナ科
カンナ属

園芸分類

春植え球根

別名

ハナカンナ

原産地

熱帯〜亜熱帯

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜10月

【カンナについて】

カンナは、夏の代表的な花ですが、6月には咲き始めます。丈夫で、暑さに強いので見かける機会が多い花です。

カンナの色は全体に派手な色彩が多く、赤い花がぴったりくるような気がしますが、花色は豊富で、黄色やピンク、そして、複色花もそれぞれ魅力があります。

なお、カンナは、球根を植えつけるのが一般的ですが、タネも販売されていて、タネから容易に育てることができます。

栽培したところでは、暑さに強いのは勿論ですが、寒さにも比較的強く、庭植えで冬を越しています。植えっぱなしで年数が経って、株が次第に広がってきましたが、株分けしても植える場所がないのが残念です。

【花の特徴と性質】

カンナの花

草丈

高性種は背丈ほどになります。1mほどのものが多いですが、矮性種は50〜60pほどです。

赤と黄色が主体になった花色ですが、白、クリーム色、ピンク、複色花などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強くありませんので、寒地では掘り上げる必要があります。暖地の場合は、掘り上げなくても、土寄せしておけば冬を越すことができます。ただし、最近の温暖化のせいでしょうか、私の住んでいる香南市野市町周辺では、何もしなくても全く問題なく冬を越しています。

学名の説明

Canna・・・・・ギリシャ語の kanna(アシ、ヨシ)が語源です。

hybrid・・・・・「雑種の」

【主な種類と品種】

たくさんの品種がありますが、その一部を紹介します。

‘クレオパトラ'

黄色に赤の複色花です。草丈は70pほどです。

‘ファイアーバード'

鮮やかな赤色、草丈70pほどです。

‘タリスマン'

濃黄色で、中心が赤色の品種です。草丈は1.5mほどの高性種です。

‘ゴールトドリーム'

濃黄色で、草丈40pのやや矮性品種です。

‘ゴールデンルシファー'

黄色に赤の複色花、草丈40pのやや矮性品種です。

‘トロピカルシリーズ'

「タキイ種苗」から出ているタネから育てるカンナで、各色の花色があります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネの発芽適温は22〜25度ですので、4月中旬〜5月にポリポットに直接播きます。覆土は1cmほどにします。

植え付け

球根の植えつけは、暖かくなる4月中旬〜5月に行います。覆土は、5p程度が標準です。株が大きくなりますので、庭植えに向いていますが、矮性種であれば、大き目の深鉢でも栽培できます。

カンナの花

花壇に植える場合は、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3〜4割程度のバーク堆肥(腐葉土)と化成肥料を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

タネを播いて育てた場合は、ポリポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

鉢植えの用土

鉢植えの用土は、市販の草花用培養土で差し支えありません。

植え場所

日当たり、水はけのよい場所が適地です。日当たりがよくないと、よい結果が得られません。

株間

庭植えの場合は、株がだんだんと大きくなりますので、40〜50p程度と広く取ります。鉢植えの場合は、8号鉢に1球を目安にします。

植え替え

花壇に植えた場合、暖地では、植えっぱなしにできますので年々球根が横に広がっていきます。ついには増えすぎてしまいますので、そのときは、掘り上げて植え替えることになります。

寒さの厳しいところは、毎年掘り上げて植え替えます。分球するときは、植え込み時に1球に1〜2芽つけて分けます。

根がよく張りますので、鉢植えは毎年植え替えます。

日常の管理

カンナは乾燥を嫌いますので、鉢植えは、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやります。庭植えの場合は、ほとんど必要ありませんが、夏場、晴天が続いて庭土の乾燥がはなはだしい時は、水やりをします。

カンナの花

休眠期の管理

寒地では、霜の降りる前に掘り上げ、分球せず、凍らない場所で保管します。

暖地では、盛り土をしておけば、掘り上げなくても冬を越します。

ふやし方

植え替えの時に、分球して増やすことができます。

肥料

元肥として、化成肥料を施します。多肥を好みますので、月に1回追肥をしてやるとよい花が咲きます。

病気・害虫

ウイルス病にかかることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。