カロライナジャスミン Gelsemium sempervirens

カロライナジャスミンの花
写真 カロライナジャスミン
撮影時期 2003.4.5
栽培状況 庭植え
科名・属名

マチン科
ゲルセミウム属

園芸分類

常緑つる性花木

別名

(特にありません)

原産地

北アメリカ南西部

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜4月

【カロライナジャスミンについて】

カロライナジャスミンは、春に、よく伸びた枝に香りよい鮮やかな黄色の花をたくさん付けるツル性の花木です。満開になると、とても見応えがあります。暑さ、寒さに強く、丈夫で育てやすい花木です。

通常ジャスミナム属の植物をジャスミンといいますが、カロライナジャスミンは、フジウツギ科ゲルセミウム属でジャスミナム属の花木ではありません。香りがよいのでジャスミンというの名前が付いたものと思われます。

栽培したところでは、丈夫で、病害虫もなく育てやすい花木です。枝の伸びがよいので、大きなオベリスクに這わせて育てましたら、よく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

樹高

つる性で、伸びる力が強いので植えて3年目になると3mくらいには楽に伸びます。

花の大きさは、径2p程度で、花付きがよく、枝一杯に咲きます。

よく見ると、正月頃には、早くも枝に小さなつぼみを付けていますが、3月上旬頃になって咲き始め、4月上旬〜中旬が見頃になります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性が強く、寒さにも比較的強く暖地では庭植えができます。

学名の説明

Gelsemium・・・・・ジャスミンのイタリア語 gelsemino に由来します。

sempervirens・・・・・「常緑の」

【主な種類と品種】

もともと一重咲きの品種が広く出回っていましたが、最近、八重咲きの品種も売られています。花色は黄色だけのようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけは、3月又は9月下旬〜10月頃が適当ですが、寒冷地は春がよいと思われます。腐食質に富んだ肥沃な土壌を好みますので、植穴に腐葉土か完熟堆肥を十分に入れて庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

鉢植えの場合は、行灯づくりにしますが、つるの伸びが非常によいので、かなり大きめの鉢が適当です。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

カロライナジャスミンの花

植え替え

鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えます。

植え場所・置き場所

日当たりを好みますので、日のよく当たる場所に植え付けます。鉢植えも同様に、日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

丈夫な品種で、生育期間中は、つるをどんどん伸ばしますので、フェンスなどにからめて栽培します。

その際、余裕があれば、径が大きめの高いオベリスクにからませると、花時には見応えがあります。

剪定

剪定は、花後に伸びすぎた枝を切り詰めます。強剪定して仕立て直すときも、花後に行います。

冬の管理

寒さには比較的強く、露地植えにしていますが防寒なしに冬を越し、寒さで落葉するようなことはありません。ただし、これは暖地の場合ですので、寒冷地は、鉢植えで、室内に取り込んだほうが安心です。

肥料

肥料は、生育期間中、緩効性の固形肥料を月1回与えます。庭植えの場合は、あまり肥料を与えなくても、よく伸びます。

病気・害虫

これといったものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。