カランコエ Kalanchoe blossfeldiana

カランコエの花
写真 カランコエ
撮影時期 2007.2.3
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ベンケイソウ科
カランコエ属

園芸分類

多肉植物

別名

ベニベンケイ

原産地

マダガスカル島、南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3月〜5月

【カランコエについて】

カランコエ属で園芸店やホームセンターなどでよく見かけるのは、マダガスカル島原産のブロスフェルディアナ(K. blossfeldiana)という種類がほとんどで、通常、単にカランコエと言えば本種を指します。ヨーロッパで改良されたものです。その他には、同じマダガスカル島原産のエンゼルランプK. uniflora)があります。

カランコエは、丈夫で手間いらず、そして、冬場に長期間咲き続ける鉢物として、人気があります。最近、八重咲きの品種も出てきていますので、1鉢ほしいものです。

草姿からわかるように、過湿にならないように管理するのがコツです。

栽培したところでは、多肉質なので水やりの回数も少なくてすみ管理が楽なはずですが、梅雨時に雨に当てたりして、花が終わると、いつの間にか元気がなくなってしまうことが再三です。

【花の特徴と性質】

カランコエの花

草丈

草丈は、30pぐらいです。

長く伸びた花茎の先に4弁の1pほどの小花をたくさんつけるので、美しいものです。花の色は、赤、橙、桃、黄と豊富です。

カランコエは短日植物ですので、夜も照明がついている部屋においておくと花芽が付かないことになります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性は弱いです。

学名の説明

Kalanchoe・・・・・この属の1種の中国名に由来します。

blossfeldiana・・・・・ドイツの育種家 Robert Blossfeld に因みます。

【主な種類と品種】

園芸店に行けば、夏場を除き、たいがい販売されていますので、気に入った色のものを手に入れることができます。最近は、八重咲きの品種もよく見かけるようになりました。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店などに行くと、いつもよく見かけますので、これを買って育てます。購入した株がポット苗のときは、根鉢を崩さないよう大きめの鉢に植えつけます。

鉢植えの用土

多肉植物用の培養土に植え付けると手間が省けます。その他、赤玉土、腐葉土、川砂を2:2:1程度に混ぜた用土など水はけのよいものを使います。

カランコエの花

置き場所

秋から春の間は、日当たりのよいところに置くようにします。

また、雨に当たると根腐れの原因になりますので、年間を通じて、雨のかからないところで育てます。

カランコエは日照時間が短くなると花芽をつける短日植物です。夜間、照明をつけた部屋に置く場合は、短日処理をする必要があります。

植え替え

通常の植え替えは、春に行います。株全体を半分程度に切り戻して、多肉植物用の培養土などを使って植え替えます。

日常の管理

過湿に弱いと言うことは、水やりを少々怠っても大丈夫ということで、ポイントさえつかめば育てやすいものです。

とにかく灌水は控えめにして、鉢土が乾いてから水やりします。また、水やりする際、葉には水がかからないようにします。

花が終わりかけたら、株の負担を減らすため、早めに花茎を切り取ります。

夏の管理

直射日光が当たると葉焼けをしますので、夏場は日陰に置くようにします。

冬の管理

カランコエは比較的耐寒性はありますが、霜に当たると枯れてしまうので冬は室内に置きます。

カランコエの花

水やりは、ごく控えめにし、鉢土が十分に乾いてから軽く水やりをします。

ふやし方

繁殖は、挿し芽が簡単にできます。5〜6月頃にバーミキュライトなどに挿し芽すれば20日ぐらいで発根してきます。

肥料

肥料は、控えめでかまいません。春と秋の生育期に液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

特に気にするようなものはありませんが、過湿にすると根腐れを起こしてしまいます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。