カラー(畑地性) Zantedeschia spp.

カラーの花
写真 カラー
撮影時期 2008.6.8
栽培状況 プランターに植え付け
科名・属名

サトイモ科
オランダカイウ属

園芸分類

春植え球根

別名

オランダカイウ
カラーリリー

原産地

南アフリカ

用途

庭植え

花期

6〜7月

【カラーについて】

カラーといえば、昔はエチオピカ系の白花が川縁に咲いているのをよく見かけたものですが、最近は本当にカラフルになり、とても魅力的になっています。ここでは、畑地性の品種について記載しています。湿地性のカラーはこちらをご覧ください。

カタログをみると本当に様々な色の品種が出ています。

ところで、属名にもある「カイウ」というのは、広辞苑にも載っていない耳慣れない言葉ですが、「海芋」と書きます。これは、海の芋ではなくて、「海外から来た芋」がその意味のようです。

栽培したところでは、畑地性のカラーは高温多湿を苦手としますので、花後の管理が大切になります。

【花の特徴と性質】

カラーの花

草丈

一般には50〜60cmほどですが、高性種は1m近くになります。

また、矮性種は20〜30pほどです。

花のように見えるのは、苞の変形したものです。

花色は、白、淡黄、鮮黄、ピンク等いろいろな色がそろっています。

耐寒性・耐暑性

畑地性の品種は高温多湿に弱く、耐寒性もありません。

学名の説明

Zantedeschia・・・・・19世紀のイタリアの植物学者 Zantedeschi への献名

elliottiana・・・・・19世紀のアメリカの植物学者 Stephen Elliott への献名

rehmannii・・・・・ロシアの J.Rehmann への献名

albomaculata・・・・・ albo(白い)+ maculata(斑点のある、しみのある)

【主な種類と品種】

エリオティアナ種(キバナカイウ)
Z. elliottiana

ゴールデンカラーといわれる黄色の花を咲かせます。排水のよい畑地を好みます。

レーマニー種(モモイロカイウ)
Z. rehmannii

草丈20〜30pほどの矮性で、ピンクの他にいろいろな品種があります。

アルバマクラタ種(シラホシカイウ)
Z. albomaculata

草丈は60cmほどで、葉に白い斑点があります。

【育て方と栽培のポイント】

畑地性のカラーの栽培について記載しています。湿地性のカラーの栽培については、こちらをご覧ください。

植え付け

畑地性カラーは、庭植えもできますし、鉢やプランターに植えて楽しむことができます。植えつけの適期は、4月から5月上旬ごろです

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。畑地性カラーは、開花後の多湿を嫌いますので、高畝にするなど水はけをよくしておきます。水はけが悪いと、高温多湿で球根が腐ることがあります。

鉢植えの場合は、小型種は4〜5号鉢、大型種は5〜6号鉢に植えつけます。

カラーの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土が適しています。

私は、鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥を4:3:3の割合に混ぜた用土を使っていますが、特に問題なく育っています。

植え付けの深さ

花壇に植える場合は5cm、鉢やプランターに植える場合は、球根の上に2〜3cmほど土がかぶる程度にします。

球根の上下がわかりにくく間違える方もいますが、丸くなった部分を上にするのが正しい植え方です。

株間

20〜30pほどの間隔とします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植えつけますが、高温多湿に弱いので、夏は半日陰になる場所が適しています。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置きますが、梅雨時になったら雨の当たらないところに移します。また、夏場は、午前中少し日の当たるところや明るい半日陰で育てます。

植え替え

畑地性カラーは耐寒性がやや弱いので、庭植えにした場合は、毎年掘り上げて4月ごろに植え替えます。軟腐病を避けるため、毎年、場所を変えるようにします。

鉢やプランターに植えている場合も、毎年、新しい用土に植え替えるようにします。

日常の管理

夏も日が当たるところに植えている場合は、寒冷紗などで遮光します。

鉢やプランターで育てている場合は、開花するまでは乾燥させないようにしますが、開花後は、やや乾燥気味にします。

花が終わったら、早めに花茎の付け根から切り取っておきます。

休眠期の管理

花壇に植えている場合は、霜の降りる前に掘り上げて凍らない場所で保管します。

鉢やプランターに植えている場合は、掘り上げてもかまいませんし、植えっぱなしのまま、雨の当たらない暖かいところで春まで保管してもかまいません。

ふやし方

植え替えの時に、分球して増やすことができます。

肥料

花壇に植えている場合は、特に肥料は必要ありません。

鉢やプランターで育てる場合は、芽が出たときと、花後に化成肥料を少量与えます。

病気・害虫

高温多湿になると軟腐病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。