ガーデンガーベラ Gerbera hybrid

ガーデンガーベラの花
写真 ガーデンガーベラ
撮影時期 2015.6.6
栽培状況 苗購入後、庭植え
科名・属名

キク科
ガーベラ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

宿根ガーベラ

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜11月

【花の印象など】

ガーベラは花が大変美しいので、園芸店などでほとんど見かけるほどポピュラーな花ですが、在来種で耐暑性、耐寒性が強い品種があるものの、花壇に植えてもよく育ち、美しい花が咲く品種はごく限られていました。

その点、ごく最近に売り出されたガーデンガーベラあるいは宿根ガーベラと呼ばれる品種は、耐暑性、耐寒性にすぐれています。また、梅雨時の多湿にも耐え、病害虫にも強いので、花壇に植えても十分に楽しむことができます。

栽培したところでは、紹介されているとおり大変丈夫で、ほぼ1日中日の当たるところに植えていますが、よく育っています。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜40cmほどです。

花径は5〜10cmほどです。花色は、白、黄、オレンジ、サーモンピンク、赤などの花色があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は、ほぼ−5度まで耐えるとされています。耐暑性もあります。

【主な種類と品種】

ガルビネア

花径が5cmほどの品種群です。

大輪ガルビネア

ガルビネアよりは大輪のシリーズで花径は7〜10cmと紹介されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

苗は春と秋に販売されていますので、これを買って育てることになります。深植えは避けるようにします。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

ガーデンガーベラの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え替え

鉢植えの場合は、毎年植え替えます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところへ植えつけます。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てます。長雨が続きそうなときは、雨の当たらないところに移したほうが安心です。

日常の管理

丈夫とはいえ、鉢やプランターに植えた場合は、過湿にならないようにします。

咲き終わった花や古い葉は、早めに株元より取り除きます。

冬の管理

暖地では戸外で冬を越しますので、霜除けは不要です。鉢やプランターは、霜の当たらない軒下などに移したほうが安心です。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。鉢やプランターは、生育期に1週間〜10日に1回液肥を与えます。

病気・害虫

病害虫に強く、大きな被害を与えるものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。