オトメギク Brachycome diversifolia

オトメギクの花
写真 オトメギク
撮影時期 2008.5.4
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キク科
ブラキコメ属

園芸分類

宿根草

別名

サクラヒナギク

原産地

オーストラリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜6月

【オトメギクについて】

オトメギクはブラキカムの仲間で、オトメギクこの名前は、流通上の名前で、正式の和名ではないようです。園芸店やホームセンターなどではこの名前で売られていますが、おそらく、葉が幅広く、よく見かけるブラキカムとは違った印象を受けることと、花のイメージからオトメギクという名前がついてものと思われます。

草丈が低く、花が鮮やかですので鉢植えやプランターなどに植えるのに適しています。

栽培したところでは、丸形の大きめのプランターに3株植えたところ、春に大変よく咲いてくれました。残念ながら、環境が合わなかったのか、夏を越すことはできませんでしたが、それでも、手頃な値段で賑やかに咲いてくれますので買って損のない草花と言えます。

【花の特徴と性質】

草丈

15pほどです。

花径4pほどのピンクの美しい花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性がやや弱いので、関東以西の暖地では夏越しが難しいです。

学名の説明

Brachycome・・・・・ギリシャ語の brachy(短い)+ come(束毛)が語源です。

diversifolia・・・・・ギリシャ語で diversi(多様な、種々な)+ folia(葉)が語源です。

【主な種類と品種】

ほかの花色もあるようですが流通していません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

秋に園芸店やホームセンターなどにポット苗が出ていますし、春先にも見かけることがあります。耐寒性がそれほど強くないですし、コンパクトな種類ですので鉢やプランターで育てるのに向いています。

ポット苗を購入したときは、早めに植えつけます。

オトメギクの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

15〜20pほどとします。

植え場所・置き場所

耐暑性が強くないので、花壇に植える場合は、落葉樹の下など夏場は半日陰になるところが最適です。

鉢やプランターに植えた場合も、秋から春は日当たりのよいところに置いて育てますが、夏場は、風通しのよい半日陰の涼しいところに移します。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、過湿を嫌いますので、鉢土の表土が乾いてから水やりをします。

夏越しができるところは、花後、切り戻しをすれば秋にも花が楽しめます。

冬の管理

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

関東以西の暖地では、花壇に植えることができますが、強い霜が当たると傷みますので、霜除けをした方が安全です。

肥料

生育期間中は、液肥を月に2〜3回与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。