オオテンニンギク(大天人菊) Gaillardia aristata

オオテンニンギクの花
写真 オオテンニンギク
撮影時期 2016.4.20
栽培状況 春播き後、庭植え(写真は、翌年の春)
科名・属名

キク科
テンニンギク属

園芸分類

宿根草

別名

ガイラルディア

原産地

北米

用途

庭植え

花期

6〜11月

【オオテンニンギクについて】

オオテンニンギクは、テンニンギク(ガイラルディア)属の宿根草ですが、この属では、一年草のテンニンギクもよく栽培されます。また、オオテンニンギクとテンニンギクの交配種もよく栽培されています。種苗会社のカタログでは、これらをガイラルディアとして扱っていますので、別に取り上げています。

オオテンニンギク自体は、それほど栽培されることはないですが、丈夫な宿根草です。そのうえ花期が長く、11月末になっても花が咲いていましたので、長く楽しめます。

栽培したところでは、タネをまいて育てましたが、生育がよく育苗は容易でした。また、病害虫の発生も少ないので手間もかかりませんでした。

2015年に春まきにしてポットに植え替え、苗が育ったところまではよかったのですが、植える場所がなくなりました。やむなくポットに植えっぱなしにしていたら、夏の暑さで枯れる株もほとんどなかったので、ようやく9月になって定植しました。写真は翌年(2016年)になって咲いたものです。

【花の特徴と性質】

草丈

60〜90pほどです。

花径6〜8pほどで、赤に黄覆輪が特徴です。花びらの落ちた後がきれいな球状になって残ります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く丈夫です。ただし、昨今の地球温暖化のせいでしょうか、栽培場所の環境にもよりますが夏に枯れる株も見られます。

学名の説明

Gaillardia・・・・・18世紀のフランス人 Gaillard de Charentonneau の名前に因んでいます。

aristata・・・・・「芒(のぎ)のある」、「芒(のぎ)形の」

【主な種類と品種】

ガイラルディアについては、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合は、暖地は春播き、秋播きいずれでもかまいません。寒地は春播きが一般的です。

春播きの場合は3月下旬〜4月、秋まきの場合は9月中旬〜10月に、箱播きあるいはピートバンに播いて、覆土は軽くタネが隠れる程度にします。タネを播く前に、水を浸したガーゼなどでよく揉んでまくと発芽がよくなります。

本葉が2〜3枚になったらポリポットに植え替え、薄めの液肥を与えながら苗を育てます。

植え付け

タネを播いて育てた場合は、ポットに根が回ったら花壇に定植します。

植えつけの苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて庭土に混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も一緒に撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

苗から育てる場合は、春に苗が出ていることが多いようですので、これを買って植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

オオテンニンギクの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

株間

株が大きくなりますので25〜30pにします。

日常の管理

過湿になると根腐れを起こしますので注意します。また、花がひととおり終わったら切り戻しをします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、暖地では、霜除け等の必要はありません。

肥料

庭植えの場合は、植え付け時に緩効性肥料を与えますが、後は、それほど肥料を与えなくてもよく育ちます。

鉢やプランターで育てる場合は、元肥の他月に1〜2度液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。