オレガノ Origanum

オレガノの花
写真 オレガノ ’ケントビューティ’
撮影時期 2016.6.6
栽培状況 鉢植え
科名・属名

シソ科
ハナハッカ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

花オレガノ

原産地

地中海沿岸〜中央アジア

用途

鉢植え

花期

6〜10月

【花の印象など】

オレガノは、シソ科の宿根草です。主にハーブとして栽培される種類と花の観賞用に栽培される種類に分けられます。

観賞用に栽培されるのは、主に花オレガノと呼ばれるロツンディフォリウム(O. rotundifolium)の‘ケントビューティ'という種類です。苞葉がホップのように美しいところから、ホップライクフラワーともいわれます。

ハーブとして栽培されるのは、スイートマジョラム(O. majorana)やハナハッカ(O. vulgale)などです。なお、観賞用に栽培される‘ヘレンハウゼン'(O. laevigatum)は、形質も育て方も異なりますので別に掲載しています。

栽培したところでは、やや高温多湿に弱いので、夏場になると元気がなくなります。

【花の特徴と性質】

草丈

20〜30pほどで、香りのある葉がほふく性に広がります。

花のように見えるのは苞で、本当の花は小さな紫の花で、あまり目立ちません。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は比較的強いですが、高温多湿を嫌います。

学名の説明

Origanum・・・・・ギリシャ語の oros(山)+ ganos(美)が語源です。

rotundifolium・・・・・「円形葉の」

majorana・・・・・「より大きい」

vulgale・・・・・「普通の」、通常の」

dictamnus・・・・・「山の中の」

【主な種類と品種】

‘ケントビューティ’
O. rotundifolium ‘Kent beauty’

草丈は20cmほどで、ガクがピンクです。

ディクタムナス
O. dictamnus

草丈は20cmほどで、葉がシルバーの綿毛に覆われます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどなどでは、春に苗や開花株が販売されていますが、植えつけは秋でも差し支えありません。

庭植えもできないことはありませんが、高温多湿にやや弱いことと株がコンパクトなので鉢や小さなプランターで育てるのに向いています。

鉢植えの用土

山野草の培養土など、水はけのよい用土に植え付けます。

オレガノの花

置き場所

秋から春は日当たりのよいところに置きます。梅雨時は、雨のかからない軒下などに移します。

植え替え

根がよく張りますので、毎年植え替えをします。時期は春か秋のいずれでもかまいません。

日常の管理

花が終わったら切り戻しをして、株元が蒸れないようにしてやると夏越しがしやすくなります。

夏の管理

夏の高温多湿に弱いので、風通しがよく、午前中多少を日が当たるところ、もしくは明るい日陰に置きます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。軒下であれば、葉を落とすこともありません。

水やりは少なくしますが鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に株分けで増やすことができます。また、5月あるいは9月ごろに挿し芽をして増やすことができます。

肥料

春と秋に緩効性の化成肥料を与えます。多肥にする必要はありませんので、量は少な目にします。

病気・害虫

特にはないですが、夏場に、蒸れて枯れることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。