オーニソガラム・ウンベラタム Ornithogalum umbellatum

オーニソガラム・ウンベラタムの花
写真 オーニソガラム・ウンベラタム
撮影時期 2014.4.8
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ユリ科
オオアマナ属

園芸分類

秋植え球根

別名

ベツレヘムの星

原産地

ヨーロッパ南部

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月

【オーニソガラム・ウンベラタムについて】

オーニソガラム・ウンベラタムは、オーニソガラムの中でも比較的多く栽培されています。春先に美しい白い花がよく咲いてくれることに加え、耐寒性があり、丈夫で育てやすいことがその理由だと思います。

小型ですので、鉢植えでも十分に花を楽しむことができます。勿論、花壇に植えて楽しむこともできます。「ベツレヘムの星」という別名が付いています。

栽培したところでは、大変丈夫で、鉢植えでも、花壇に植えても、栽培はとても簡単です。

【花の特徴と性質】

草丈

15cmほどです。

星形の白い6弁の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強く、花壇に植えることができます。

学名の説明

Ornithogalum・・・・・ギリシャ語の Ornithos(鳥)+gala(ミルク)が語源です。
※ 花色が白いことからだと思われますが、なぜ「鳥」なのか理解できないところです。

umbellatum・・・・・「散形花序の」
※ 散形花序とは、花軸の先に、放射状に花柄が伸びている花序のことです。

【主な種類と品種】

オーニソガラムのほかの品種は、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

花壇に植えても、鉢やプランターでも楽しめます。9月下旬〜10月中旬ごろに植えつけます。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、苦土石灰を撒いて庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥と化成肥料を入れて、庭土を深さ20〜30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の球根用の培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

オーニソガラム・ウンベラタムの花

植え付けの深さ

球根の深さは3pほどが適当です。

株間

5cm程度が一般的かと思いますが、鉢植えの場合は3cm程度につめて植えると、開花時にいっそう美しく見えます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

植え替え

庭植えの場合は2〜3年は植えっぱなしでかまいませんが、鉢植えの場合は毎年植え替えます。

日常の管理

比較的乾燥したところを好みますので水のやりすぎには注意します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

休眠期の管理

6月末ごろには葉が枯れてきて休眠期に入ります。植え替えを予定しているときは、葉が枯れてきたら球根を掘り上げます。

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、分球しているものは球根を分けてネットの袋などに入れて、秋の植え付け時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

ふやし方

分球して増やすことができます。

肥料

肥料は球根を植え付ける際に、緩効性の肥料を与えます。

病気・害虫

雨が続いて高温多湿の条件になると、白絹病が発生することがあります。鉢植えは、雨が続くときは雨のかからないところに移したほうが無難です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。